ブログ

男性の黒服コーディネート

今回のテーマは、男性の黒服コーディネートです。

女性もさることながら、男性で黒服コーディネートをする方は結構多いと思います。
それは、黒がシンプルにコーディネートし易い色だからではないでしょうか。「上下黒」や「黒に白」など単純なコーディネートでもオシャレに見せることができるのは“黒”のメリットですね。しかし、女性からは少し落ち着いていて地味に見られているかもしれません。そして、シンプルな黒服コーディネートはフォーマルな感じを強調するので、夜のディナーデートなどには会いますが、日中のラフなデートにはなかなかあいません。

 

f-1024x800

では、黒服コーディネートに少しラフ感を持たせ、日中のデートにも使用するためにはどうしたらよいのでしょうか。そのヒントは、日常のスーツコーディネートに隠されていると思います。男性の方は仕事でスーツを着る機会が多いと思います。仕事用のスーツといえば、黒やネービー、グレーといった色のモノを着ますが、ネクタイやワイシャツまで黒系の色にはしませんよね。ピンクや青系のワイシャツだったり、金や赤といった明るめなネクタイを締めていたりします。
そうなのです。スーツの時は黒に明るめの色や柄を加えたオシャレができているのです。
だとしたら、そのセンスを使わないのはもったいないですね。私服でも、黒に赤やピンク、青など、少し色を入れましょう。そして、柄などを加えるとさらにオシャレになります。

ただ、今まで無難にシンプルな組み合わせをしてきた方には、少し勇気が必要だと思います。周りから「派手に見られて、浮いてしまわないかな」という心配をする方も多いかもしれません。しかし、そんな心配は無用です。ラフなデートに、フォーマルで硬いコーディネートをすることより恥ずかしくはありません。

勇気をもって、1回試してみてください。きっとあなたのコーディネートに幅が生まれます。そして、そのことが自分のファッションセンスに自信をつけてくれることでしょう。そして、遊び心が生じ、“黒“にとらわれないもっと様々コーディネートも試したくなることでしょう。遊び心は、色気にもつながり、よりセクシーな黒服コーディネートになります。

黒服コーディネートは、少しの遊び心と工夫でよりオシャレになれて、使える幅も広がります。どんどんオシャレになっていましょう。

是非、新たな自分に出会うためにも新しい黒服コーディネートを試してみましょう。

ブランドのロゴマークに関する由来

今回はブランドのロゴマークについて調べてみました。
自分の好きなブランドのロゴマークの由来について調べたことはありますか。

まずは「POLO RALPH LAUREN」のロゴです。夏場になると、街中で必ず目にするあのロゴマークですが、紳士が馬に乗って「ポロ」という競技をしている画なのです。ちなみに、「ポロ」というのは、1チーム4人で行う団体競技で、馬に乗った選手が、マレットと呼ばれる棒で球を打ち、相手ゴールまで運べば得点となるゲームです。この「ポロ」というゲームはアメリカ発祥でもイギリス発祥でもなく、ペルシャ発祥のモノでイギリスには植民地だったインドから持ち込まれたとされています。また、「ポロ」の選手が着る服が元となってポロシャツが生まれたとされています。
ロゴマークを調べると、歴史の知識まで勉強になって面白いですね。

馬といえば、「BURBERRY」もですよね。馬というより、騎士ですね。そして、この騎士は文字の書かれた旗を持っています。その旗をよくみると、「Prorsum」と書かれています。「Prorsum」とはラテン語で「前へ」という意味。この言葉をチョイスしたバーバリーは、他よりも一歩先を進む自分自身の姿を想像していたそうです。まさに、野心家で鬼才のバーバリーらしい言葉のチョイスですね。
ロゴマークを調べることによって、ブランド創設者の性格やエピソードまで知ることができますね。

 

80-pairs-of-shoes-piccadilly-london-the-athenaeum-bond-street-luxury-shopping-1024x735


今回はロゴからブランドを見ていきましたが、デザインの特徴や創設者に関する伝記などからもブランドのことを知ることができます。ブランドのことを知ると、ブランドに対する想いや愛着が増し、ますますそのブランドが好きになるのではないでしょうか。

また、自分が着たことのないブランドや、まだ知らないブランドを調べてみることによって、新たに興味を持ってお気に入りになるブランドが出来るかもしれませんね。

私自身、ブランドのロゴを調べてみてあまり着たことのなかったブランドの服を買いました。デザインから好みのブランドができることは多いと思いますが、その他にも歴史からブランドも興味に持つと、愛着が沸いて自分自身の中でそのブランドを着ていることの意味が深まりますね。それによって、自分の中でそのブランドの価値が高まります。

皆さんも是非、自分の好きなブランド、またまだ興味を持ってないブランドについて調べてください。新たな発見が出来て楽しいです。深くブランドを知り、ブランドを愛していきましょう。
新たにファッションの楽しみ方を持ち、さらにオシャレが好きになっていきましょう。
そして、素敵なファッションライフをエンジョイしましょう。

季節に合わせたシャツとネクタイ

季節に合わせた「シャツ」と「ネクタイ」について考えていきましょう。旦那様や彼氏さんへのプレゼントでシャツやネクタイを送る機会は多くあると思います。

 

150089_normal

まずは、春夏から。
春夏になると、ピンクや青といた爽やかなイメージのシャツが店頭に多く並びます。逆に茶色やグレーのシャツはあまりみないですね。そして、生地としてはオックスフォード、とくにロイヤルオックスフォードが人気です。そして8月の猛暑などは、ロイヤルオックスフォードでは暑くなり、ボイルを着る人もいます。
オックスフォードは通気性と吸収性に優れた生地です。ロイヤルオックスフォードになると、少しシワが付きやすくなりますが上品な記事で光沢があり、肌触りもよくなります。あのジェームズボンドもお気に入りのロイヤルオックスフォードですので、一枚持っておいて損はないと思います。

次に春夏用のネクタイについてなのですが、春はネクタイをつけていても夏になるとクールビズでノーネクタイの人が多いのではないでしょうか。しかし、ノーネクタイでスーツを着るより、どうせ着るならネクタイを付けたほうが格好がつきます。確かに猛暑の中ネクタイをつけていると暑苦しいヤツと思われてしまいますが、麻生地のネクタイなら涼し気に見えて問題ないでしょう。夏にスーツを羽織らない海外からみると、クールビスはスーツを羽織っているのに、ネクタイをしていない中途半端は姿。日本の社会規律で夏にもスーツを羽織らないといけないのであれば、ネクタイをした方がまとまりのある姿になるでしょう。


次に秋冬もののシャツについてですが、圧倒的女性人気の生地がフランネルです。フランネル生地の特徴は、保湿性が高いことです。また、コーデュロイなどと比べ着心地が軽いことも特徴です。スマートで知的な印象を与えることもできると思います。お洒落な男子は必ず、冬場に来ているイメージです。

冬場のネクタイに関してなのですが、ウールやコットン、カシミヤなどが一般的ですね。しかし、どれもキツく結ぶとシワになりやすいので気を付けたほうがいいでしょう。シャツとの合わせ方ですが、冬物シャツに万能なネクタイは緑系の色をしたネクタイです。冬によく着る暗めの色にも合いますし、クリスマス間際にはツリーを連想させることができます。シャツはネクタイがあって締ります。落ちがない話はつまらないと同じで、ちゃんと締めないと男の色気が出てきません。是非、素敵な一本を見つけましょう。

素敵なシャツネクタイで、旦那様や彼氏さんを格好良くしましょう!

ファッションで差がつく相手への印象

皆さん、こんにちは。今日は、ファッションと印象の関係について考えていきたいと思います。最近は「見た目で第一印象の9割が決まる」だとか、「相手に好印象を与える服の選び方」などというセリフをうたい文句にしている著書が増えたので、ファッションと相手への印象は関係あるのだなと気づいてらっしゃる方も多いはず。それに、なんとなく相手の着ている服から趣味嗜好がわかったり、おとなしめなのかやんちゃなのかも判断がついたりしますよね。

しかし、その他にもファッションが与える相手への印象は色々あるので一緒に見ていきましょう。

 

shopping_freak_3

1. 白い服を着ている人の心理状況
白い服をいている人ですが、その時の気持ちが前向きの人が多いです。気分も明るいと思われます。人間には「気分一致効果」といって気分と不一致のモノを嫌がる傾向があります。実際に、テンションが下がって悩み事を抱えているときに、白い服を着ようとは思いませんよね。また、気分は天気によっても左右されやすいので、晴れの日は気分が明るくなり、雨や曇りの日は暗めになります。雨の日に、白い服の人が街中を歩いているところをみたことがありますか。
このように、服の色によっても相手の心理状況や性格を映し見ることができます。

2. 派手なファッションを好む人
一般的に、派手なファッションを好む人は目立ちたがり屋と言われています。そう言われてみると、友達の中で目立っている人って落ち着いた感じの服装ではないですね。しかし、他にも見方があって、自己防衛本能が強く派手なファッションで自分の本能を隠しているケースも考えられます。確かに、自己防衛本能が強い人って外に対して攻撃的でアグレッシブな人が多いですからね。そう考えると、虚勢で派手な服装をきてそうなイメージも沸いてきます。
このように、服の鮮やかさによってもその人の内面が見えてくるものなのですね。

といっても、白い服の人は必ず明るい気分で、派手な服の人は絶対に目立ちたがり屋ということを言い切ることはできません。心理学は統計学なので、傾向が強いというだけで絶対ではないからです。話してみないとその人の、本性はわからないものです。
しかし、外見からくるイメージが、見る人にある程度の印象を与えているのもまた事実です。自分は気にしなくとも、他者はあなたの見た目からイメージを持っているかもしれません。
またそれを、ギャップとして利用するのもありでしょう。

ファッションと印象ということを考えていくと、ファッションの持つ「表現する」という能力を改めて実感します。会う相手や、シチュエーションによって意図的に服を選ぶのも面白いかもしれません。

是非、ファッションを色んな角度から楽しんでいきましょう。

ボストンバッグの歴史

ボストンバッグは大きくて荷物がたくさん入りますので、旅行の際に活用される方も多いのではないでしょうか。
キャリーバッグと違ってボストンバッグは、両手が空きますし階段もスムーズに上り下りできますので便利ですよね。

そんなボストンバッグですが、いつどこで産まれたのかをご存知でしょうか。
ボストンバッグはよく使うけどその歴史までは知らないと言う方が多数だと思います。
ですので今回はボストンバッグの歴史をお話ししていきますね。

 

3_20d1796b-fbcc-4098-8b9a-da5cce22b22e_1024x1024

ボストンバッグの名前は、アメリカ合衆国のボストン大学に在籍していた学生が旅行用バッグとして愛用していたことに由来すると言われています。
ボストンバッグと聞いて、アメリカのボストンが関係していると予想された方もいらっしゃったかもしれませんね。
しかし、ボストン大学の学生が愛用していたことがそのカバンの名前の由来になるなんて驚きですよね。

そんなボストンバッグが日本に入ってきたのは1924年のことなんですよ。
和暦になおすと大正13年頃のことなんです。
そんな昔から日本に入ってきていたんですね。

この当時日本に入ってきていたボストンバッグは、口金で開閉をする革製のカバンでした。
今もよく使うチャック付きのボストンバッグは、昭和の時代に入ってきたんですよ。
また、昭和になってからはボストンバッグの材料にも変化が出てきました。
大正時代に入ってきた頃と同じ皮革を使用したものに加えて、合成皮革や布も使用されるようになったんですよ。

こんな歴史を持つボストンバッグが世の中に広まったのは昭和27年頃のことです。
この頃日本ではボーリングが大ブームになりました。
ですので多くの人がマイボールやマイシューズを持ち歩いていたんですね。
これらを持ち運ぶのにピッタリだったのが、ボストンバッグだったのです。

今ではボストンバッグの素材や柄も豊富ですので、用途別に使い分けておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ラフな旅行に持っていくには軽さ重視のナイロン製ボストンバッグが便利ですよね。
また、出張などスーツに合わせる際は革製のカッチリしたボストンバッグがピッタリです。
昔はボーリンググッズを入れるのに重宝されたボストンバッグですが、今ではゴルフを楽しむ際にウェアやタオルを入れるのに使う方も多いのですよ。
ゴルフは紳士なスポーツですので、落ち着いた大人のデザインのものを選ぶといいですね。

昔から今まで長く愛用されているボストンバッグですが、その名前の由来はボストン大学の学生が愛用していたことなんですね。
あまり知られていない話かと思いますので、ぜひ話のネタとして使ってみてくださいね。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る