ブログ

あの有名セレブモデルも愛用!?NY生まれのマイケルコースの歴史に迫る!

みなさんこんにちは。MKというロゴで有名な海外セレブが愛するマイケルコースというブランドをご存知ですか?今や海外だけでなく日本国内でもマイケルコースは人気ブランドの一つとなりました。ミランダカーなどの海外有名ファッションモデルが愛用していることから、いつしか「同じように輝いてみたい」という女性ファンが増え現在注目を集めています。
そこで今回はそんなマイケルコースの歴史についてお話ししたいと思います。

 

■マイケル・コースの生い立ち
マイケルコースの生みの親であるはマイケル・コースは1959年ニューヨーク州のロングアイランドに元モデルである母親のもとで生まれました。19歳で服飾のデザインを始め、ニューヨーク州立ファッション工科大学にてファッションデザインを学び、卒業後、1981年に自身の名を冠したブランドをスタートし、NYコレクションでデビューしました。

 

■マイケル・コースの栄光
1983年に第一回アメリカン・オリジナル・アウォードを受賞し、1995年にELLE/キャデラックファッション優秀賞を受賞しました。同年には日本の株式会社オンワード樫山のブランドである「ICB」の初代デザイナーとなりました。そして翌年にはセカンドライン「コース(KORS)」を開始し、さらには1997年から2005年までセリーヌのクリエイティブディレクターを務め、セリーヌの若返り、復活に貢献しました。

 

■現在のマイケルコース
当初はレディーススポーツウェアを中心に展開していましたが、そのデザイン性が高く評価され今では世界的有名ファッションブランドへと成長しました。ミニマルで実用性の高い服・スタイリッシュなデザインを兼ね備えた服を作るという点が評価され、「NYシティ派」デザイナーと呼ばれています。

 

21世紀に入ると、アクセサリーラインやメンズラインを展開し、2004-2005年秋冬NYファッションウィークにおいて、コースの後継ブランドとして「マイケルマイケルコース(MICHAEL Michael Kors)」を発表し、さらにはフレグランス製品を含んだ幅広い製品を世界中に展開し続けています。

 

■マイケルコース製品の特徴
マイケルコースのアイテムの特徴は何といってもトレンド感のあるカラーリングと、飽きのないシンプルなシルエットでしょう。マイケルコースのブランドコンセプトは「ジェットセット・ラグジャリー」です。これは世界中を飛び回るセレブのようなスピード感や自由性を象徴しています。上品さと使いやすさを兼ね備えたスタイリッシュなデザインが現代の働く女性から大きな支持を得ています。

 

■マイケルコースの展開
現在ではニューヨーク、シカゴ、ビバリーヒルズ、パリ、ロンドン、東京、上海、ソウルなど世界の主要都市に店舗を展開しています。日本では2002年に東京の南青山に初店舗を出店しました。

 

いかがでしたか。マイケルコースのアイテムは洗練されたデザインに上品さを兼ね備え、さらには機能的に優れているため、働く多くの女性に選ばれています。現代を生きるアクティブな女性のニーズに応えるアイテムを多く取り揃っていることが、人気の秘訣なのかもしれません。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る