ブログ

いろいろな靴の種類 その2

オシャレは足元から、という言葉がありますが、オシャレな人ほど靴に気をつかいますよね。
前回は、定番ものの靴の種類についてご紹介しましたが、今回は少し聞き慣れない靴の種類をご紹介したいと思います。
いろいろな靴の種類を知ることで、オシャレの幅もかなり広がりますので、定番ものだけでなく珍しいものもぜひ見てみてください。
ぜひお気に入りの靴を見つけて、オシャレにより磨きをかけてくださいね。

 

14511_shop1_884081

・ボーンサンダル
たくさんの革のストラップで足を固定するサンダルのことを言います。
ボーンサンダルという言葉を耳にしたことのある方は少ないかもしれませんが、目にされたことのある方は多いかもしれませんね。
ストラップ部分が骨のように見えることから、ボーン(born)サンダルと言われています。

・サボサンダル
つま先から足の甲までが覆われていて、かかと部分が開いているサンダルのことです。
ヒールはありますが、とても履きやすく安定しているので、楽に履けるサンダルとして一時期注目されていました。

・キャバリエブーツ
ブーツの履き口の部分が折り返しになっており、広がっているブーツのことを指します。
17世紀の騎士のブーツをモチーフにしたと言われているため、スタイリッシュな格好によく合うブーツだと言えます。

・サイハイブーツ
ロングブーツという名前で耳にされる方も多いかと思いますが、長さが太ももまであるブーツのことを指します。
脚長効果がありますので、スタイルアップに効果的ですし、冬には防寒効果も期待できます。
ショートパンツやミニスカートに合わせるとセクシーな印象を与えられます。

・チェルシーブーツ
ブーツの横の部分がゴム素材になっており、脱ぎ履きが楽にできるブーツのことです。
デザインがシンプルなものが多いので、どんな服装にも合わせやすのが特徴ですね。

・シューティー
最近少しずつ流行ってきているのが、パンプスとブーティの中間のようなデザインのシューティーです。
パンプスと比べ、甲を覆う部分が広くなっているので、より安定感があります。
甲のデザインが尖っていたり、丸くなっていたりと違いがあり、それによって全体の雰囲気も変わってきます。

いかがでしたでしょうか?
前回に比べると知らない靴の種類もあったかもしれませんね。
名前が知られていないだけで、靴屋さんに行けば置いてあるものも多いですので気に入ったものがあればぜひ調べてみてください。
きっと皆さんのファッションの新たなスパイスになってくれると思いますよ。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る