ブログ

おしゃれに紫外線対策しよう

春の日差しと共に気になるのが紫外線。
夏場の紫外線というと、女性の大敵で、日焼けした日は肌がなんともなくても、
何年後かに、シミやしわとなって紫外線の脅威が出てきてしまうのは、怖いものですよね。

もちろん紫外線対策をしている女性は多くいると思いますが、
あまりにも紫外線を恐れるあまり、全身真っ黒という姿では、少しオシャレさにかけてしまいます。

そこで今回は、ハイセンスでこ慣れた感のある紫外線予防対策を、4点ご紹介します。


1.サングラスで目を守る
今やサングラスはお洒落上級者でなくとも、紫外線対策には必須アイテムとなりつつあります。
周りの人と差をつけるためにも、デザイン性のあるものや、ブランドマークも意識した一品をセレクトしたいものです。
普通の眼鏡でも、紫外線に当たると、色が変わってサングラスの役割を果たしくてくれるものもあるので、普段から眼鏡をかける人にも検討してみてほしいものです。

また、紫外線というのは、肌だけでなく、目からも入るものなのです。
この目に入った紫外線によって、メラニンを作る指令がされ、日焼け対策をしっかりと行っていたと思っても、夏が終わるころには、肌が全体的に黒くなってしまう場合があります。

最近では、コンタクトでも紫外線カットのものがあるので、
そのようなアイテムも使いつつ、紫外線から目を守ることが大切です。

 

217498_P_1465977860905

 

取り扱っているサングラスはこちらのページをご覧ください。



2.スカーフで首を隠す
意外と見落としがちな首とデコルテラインの日焼け。気づいたらTシャツの跡くっきりと日焼けしているなんてことも。
柄や色味にこだわった、少々大ぶりなスカーフで、ハイセンスに首元の紫外線対策を心掛けたいですね。

 

21_01

 

取り扱っているスカーフはこちらのページをご覧ください。




3.女優帽で顔を守る
髪や首の後ろ側は、非常に日焼けのダメージを受ける部分です。
このエリアを守るべく、つばの大きな帽子をセレクトしてみてはいかがでしょう。
サングラスとセットで身に着ければ、気分はまさに女優。
お洒落度もぐんとアップします。

 

1464924245557834217


取り扱っている帽子はこちらのページをご覧ください。

 


4.カーディガンを羽織る
二の腕のシミに無頓着になっていませんか。
日焼け止めを塗る手間も省けるUVカット済みのカーディガンを一枚バックに忍ばせてみて下さい。
エアコンの効いた室内でもさらりと羽織れ、冷え対策にも大変重宝するのでおすすめです。



このように、普段の日焼け対策を少し変えてみるだけで、
オシャレにかつ、効果的に紫外線対策ができるのです。

紫外線から肌を守るためにも、この4つのポイントを実践してみてはいかがでしょうか。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る