ブログ

お気に入りのレザーブーツを長く愛用するポイント

もうそろそろ秋冬用のブーツを購入された方も多いのではないでしょうか。
中でもどんなお洋服にも合わせやすく、履けば履くほど味が出て変化を楽しめるレザーブーツは他の靴にはない魅力があり、毎年人気ですよね。

そこで、レザーブーツを長く愛用するため、購入後や使用後に是非試していただきたいポイントを4つ、ご紹介したいと思います。

 

product.1509.145739418840139.6030.5D.300.300


1つめはブーツを買ったらまずは防水スプレーをすることです。皮製品は無数の穴が開いているため水にとても弱いです。
防水スプレーで保護することにより、雨はもちろん汚れからもブーツを守ってくれますよ。これをやることでその後の手入れが楽になりますので、ブーツを買ったらまずは防水スプレーを忘れずにしてください。

2つめはブーツを使用した日についた汚れはその日のうちに落とすことが大切です。靴用ブラシを使って優しく汚れを落としましょう。
汚れを放っておくと、カビが生えるなど、その原因にもなり不潔ですすし、カビは発生してしまうと皮の組織に深く入り込んでしまうため、きれいに取り除くことはできません。ですので、ついた汚れは必ずその日のうちに落とすことを心がけてるようにしましょう。

3つめは1日履いたブーツはしばらく乾燥させることです。
よくブーツ用の乾燥剤も売っていますので、使用してみても良いですね。
ブーツの内側に熱がこもったまま、再びはいてしまうと匂いの原因にもなりますし、菌も繁殖しやすくなります。風通しの良い場所にしばらく置いておくだけで大丈夫ですので、長持ちさせるためにもしっかりと乾燥させるようにしましょう。

4つめは型崩れしないために乾燥を防ぐことです。
革用のクリームやオイルなども売っていますので一度チェックしてみてください。
そして、シューキーパーなどを使い型崩れを防ぎましょう。

靴用のクリームなども売っていますので、少しでも長く履きたいという方はもちろん、乾燥を防ぐという意味でもおすすめです。

また、いくら手入れをしていても同じ靴を毎日履いていると型崩れや状態の悪化が早くなります。お気に入りのものでも長く履くために違う靴とローテーションしながら、たまには靴を履かない日を作りましょう。特に革製品は雨に弱いので雨の日は履かない方がいいですよ。

ついつい面倒で手入れは怠ってしまいがちですが、日ごろからやっておくことで長く履くことができます。大切な靴を守るためにも試してみることをおすすめします。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る