ブログ

エルメスの歴史は馬具から?高級感と愛される理由

『エルメス』と聞いて、心躍る女性は世の中に多いですよね。

素材のクオリティやデザイン性の高さから、根強い人気を持つハイブランドのエルメス。
ショーウィンドウのエルメスのバッグに、視線が釘付けになった経験がある方も、多いのではないでしょうか。

今回は、そんな憧れのブランド、エルメスの歴史について、ご紹介します。


■始まりはパリの高級馬具工房から

エルメスは1837年、ティエリー・エルメスによってパリで創業しました。
現代のイメージとは異なり、高級馬具という商品を扱っていたエルメスですが、そのころから高い技術力を誇り、あのナポレオン3世やロシア皇帝を顧客にするブランドだったのです。

 

1892年、馬具を収納するためのバッグを作成したのが、エルメスとバッグの歴史の始まり。
馬具制作の丁寧な皮革加工技術などが活かされた、機能的で美しいバッグは、今のバーキンのモデルとなったバッグです。

 

二十世紀に入ると、移動手段は馬車から自動車へと移り変わります。
創業者ティエリーの孫であるエミール=モーリス・エルメスはいち早くこの時代の流れを予測し、馬具メインの販売から、バッグ・財布・衣料などに事業を展開いていったのです。


■時代の最先端をいくエルメスのバッグ

実はファスナーのあるバッグが、エルメス発祥なのはご存知でしょうか。

その後、1920年にエルメスはファスナーの特許を申請。
世界で初めて、ファスナーのついたバッグを開発しました。

 

その後も、現在まで人気のバーキンやケリーといったバッグを生み出すエルメスは、まさに時代の最先端のバッグを作り続けていると言えるでしょう。

 

一見シンプルですが使いやすいデザインと上質な素材は、男女を問わず洗練さを感じる美しいバッグを形作っています。

 

また、馬具に用いていた最高級の素材、発色の良さを楽しめるカラーバリエーションの展開で、エルメスはバッグ業界をリードしていったのです。


■バーキンとケリーの歴史

エルメスのバッグのいくつかには、発注者や最初の所有者の名前が製品名として用いられています。
バーキンとケリーも、元々は人名が由来だということは、あまり知られていませんね。

 

バーキンは、イギリス人の女性歌手ジェーン・バーキンから取られています。
籠バッグに無造作に持ち物を放り込むバーキンに、偶然出会ったエルメスの5代目社長が、『物を整理せずに入れられるバッグ』としてプレゼントしたものが始まりです。

 

ケリーは、1955年のモナコ公妃グレース・ケリーから。
パパラッチを避ける際に彼女が妊娠中の腹部をバッグで隠したところ、このバッグに注目が集まりました。

 

もちろんこのバッグというのは、エルメスのバッグ。
これを機にモナコ公国に許可を取ったエルメスは、このバッグの名称をケリーバッグと変更したのです。


王室や著名人から長年愛されるエルメスの高級感と機能性は、今日も色あせることはありません。
歴史を知ってエルメスのバッグを改めてみると、さらなる魅力が見つかるかもしれませんね。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る