ブログ

オシャレは靴から!

日常の中での一場面。
友達との待ち合わせや、恋人とのデートの時、しっかりと上下のコーディネートを考えて、「よし、行こう!」という時、足元にも気を使っていますか?
今回は、足元をないがしろになっていた方はオシャレのバリエーションを増やし、いつも気をつかっているという方はより一層オシャレになってもらうため、靴とのコーディネートについて考えていきたいと思います。

 

20161109_bt_02

まず、温度が低くなるにつれて、ブーツを履く方も増えてきていますよね。
ブーツは秋冬にとどまらず、春にも履ける男らしさ溢れる靴の一つです。
生地やデザインごとにコーディネート方法や、使用場面も変わってくるため、手元にある方は自分がどのようなものを持っているかを確認し、今から購入を考えている方は買う際にどんな場面で履き、自分の持っているどの洋服と合わせるかを考えてみてください。

では、具体的にはどのようなコーディネートをしたらよいのでしょうか?
例としては、8分や9分丈のズボンが流行っていますが、そこにショートブーツを履くことにより、ブーツ全体のフォルムがはっきりし、綺麗に見せることも可能です。
さらに、見た目サイズが大きいのものを買い、足元を大きく見せ男らしさを強調させたいが、歩きにくいかもと思う方もいるのではないのでしょうか?

その問題は簡単に解決することができます。
寒くなってくるにつれて、厚手のソックスを履くことが多くなるため、それである程度大きく見せることが可能です。さらに、ブーツ自体に年々革のシワなどがついてしまいますが、サイズが変わることはなく、革の型もついてくるため、そのシワや型さえもオシャレに映りますよ。

次に、靴と服との色のバランスについてです。
赤や青のような派手な色の靴を履きこなしたい場合には、大きく分けて二つのコーディネートがあります。
まずは上の服と靴とを同じ色にすることです。
例えば、靴が赤のスニーカーなどであれば、赤のパーカーを着て、二箇所で色を揃えてみてください。
靴が派手で履くのに勇気がいるといった場合も、これだと違和感なく、むしろ格好良く見えますよ。

もう一つは、靴を主役にするというやり方です。
無地のTシャツにデニムといったシンプルコーデに、合わせてみてください。
周りの視線はみんな足元へ行くこと間違いなしですね。


いかがでしたでしょうか?
今回は大きく分けて、ブーツと派手な色をした靴の履きこなし方について考えてみました。
オシャレなジャケットを着て、ファッションを考えて、家を出る前に鏡を見たときはオシャレだった。
しかし、その後に履く靴で全体のバランスは良くも悪くもなるので、次からはより足元に気をつかってみてくださいね。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る