ブログ

サングラスの選び方

ファッションアイテムとして上級者向けとも言われるサングラス。
機能面から考えると、サングラスは目を紫外線から守ってくれる防具とも言えますので、紫外線の強い時期にはぜひ取り入れたいアイテムです。

2881013_DETAIL

 

サングラスが似合う人は、どんなことを基準にしてそのサングラスを選んでいるのでしょうか。
眼鏡を選ぶ時ですら、客観的に自分を見ることはとても難しいものです。
色付きレンズのサングラス選びはさらに難しいと言えます。

 


サングラスが似合う条件というものは、実はいくつか存在していて、上手に選んでいる人は男性でも女性でも、基本的に自分の顔の形に合うものを選んでいます。
自分にどんな種類のものが似合うのかというポイントを知っておくと、選びやすくなるものです。

 


​では、どのようなポイントに注意してサングラスを選んでいけば良いのでしょうか。

・顔の輪郭と違う形のものを選ぶ
顔の輪郭と同様の形のフレームを選んでしまうと、輪郭がさらに強調されてしまいますので避けましょう。
丸顔の人には逆の形である四角いスクエアタイプ、目尻に向かうにつれ上がりラインのフォックス型、まるで眉のように上部のみフレームが付いているサーモントなどがシャープな印象となります。
面長の人には、ティアドロップ型で顔の長さを感じさせないように、ウェリントン型で横方向への視線誘導効果、ボストンタイプによる小顔効果などが期待でき、お勧めです。
四角顔の人には、たまご型であるオーバルタイプ、ボストン、まん丸ラウンド型で柔らかい印象を与えるものが合うと言われています。

 


・フレームの横幅を顔幅に合わせる
顔幅より大きく出過ぎたサイズのフレームは、寄り目に見えてしまうことがあります。
顔の横幅と同等であれば、とても自然に違和感なく目元に合い、スマートな印象を与えることができます。
フレームのデザインによりますが、まん丸なラウンド型などであれば少々顔幅より小さくてもしっくりくるものもあります。
洋服と同様に、サングラスも自分とのサイズ合わせが大切です。

 


・眉のラインに沿って選ぶ
眉の形は人それぞれで、日本人は外国人より目と眉毛の間の幅が広いです。
そのため、サングラスの上から眉毛が飛び出ていると、軽い印象となってしまいます。
自分の眉のラインとサングラスのトップラインを合わせることで、不自然さは無くなり顔に馴染みます。
眉がサングラスのラインにちょうど隠れる程度が理想的です。

 

1465355157333795828


​サングラスを選ぶ際には、ぜひ参考にしてみてください。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る