ブログ

スイス生まれの高級ブランド、バリー(Bally)の歴史とは!?

みなさんはバリー(Bally)というスイスのファッションブランドをご存知でしょうか?

革靴やバッグ、財布を中心に販売している高級ブランドのうちの一つです。

今回はそんなバリーの歴史についてご紹介します。

 

■前進の設立
1851年に、カール・フランツ・バリーは、弟と「Bally&Co」を設立します。

設立当初はゴム製のリボンとサスペンダーの製造業を引き継ぐ形で操業を始めたため、リボンメーカーでした。

バリー氏がパリに出張した際に、街行くパリジェンヌの履くシューズの虜になったことをきっかけに靴を作ろうと思い立ちます。

その後、工場を設立し、どんどん規模を拡大化していきます。

 

■ヨーロッパ諸国への進出
1870年代には、アメリカやイギリスの最新の技術を取り入れることで、靴を効率的に製造できるようになりました。

そして、ヨーロッパ諸国に進出することで年間に200万足生産するまでに拡大しました。

この時にはすでにバリーは素材の良さと洗練されたデザインが評価され、高級品としての位置を得ています。

 

1907年に株式を公開します。

その後、第一次世界大戦と第二次世界大戦、世界恐慌の景気停滞の影響を受けるもバリーの機能的な靴はさまざまな場所で用いられ、成長を続けます。

 

■ブランドとしての確立
1950年代には「スクリープ」という男性用の靴が売れたため、ブランドとしても確立されました。

1976年には靴以外にも、アパレルやレザー製品の財布やバッグを製造するようになりました。

1988年には日本でバリージャパンが設立されました。19991年には、世界でも有名なテキサス・パシフィックグループという投資会社が資本参加しました。

 

2001年にCEOに就任したマルコ・フランキー二がインターナショナルデザインチームを結成し、「最上の最高の日常着」をテーマに再始動しました。

このテーマに沿って、バリーはトータル・ファッションブランドに変わっていき、都会的なイメージのブランドとして定着します。

 

その後、2001年に、スコットフェローズ、2008年にはブライアンアトウッド、2010年に、マイケルヘルツとグラエム・フィドラー、2014-15にパブロ・コッポラなど他のブランドで経験を積んだ才能をクリエイティブディレクターに採用していき、現在に至ります。

 

いかがでしたか。

バリーは150年以上という長い歴史を持っているんですね。

常に時代の空気を読み取り、製造のラインナップを増やしてきたことが現在のブランド地位を得ることにつながったのではないでしょうか。

どの時代にも愛され続けてきた「バリー」の製品を身に着けてみてはいかがでしょうか。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る