ブログ

ティファニーの歴史

ティファニーは今や知らない人はいないと言っても過言ではないくらい有名なブランドですよね。
洗練されたデザインのジュエリーやアクセサリーに憧れを抱く女性も多いのではないでしょうか。
今回はこの誰もが知っている憧れのブランド、ティファニーの歴史についてお話ししていこうと思います。

今はジュエリーのイメージが強いティファニーですが、その始まりはなんと「ティファニー・アンド・ヤング」という文具や装飾品を扱うお店だったのです。
このお店がニューヨークのブロードウェイでひらかれた1837年当時は、商品を時価で売ることが一般的でした。
しかしティファニーでは、各商品に値札をつけて値段交渉は受け付けないという当時では革命的なスタイルで商品を売っていたのです。

そんなティファニーも1848年にフランスで起きた二月革命をきっかけに、今までの事業から宝石事業に進出します。
社会の変化に合わせて事業スタイルを変えたことで、ティファニーは宝石商としても大成功を収めました。
そして今ではアメリカ一の宝石商とまで言われる地位を確立したんですよ。

また、1851年にはアメリカのシルバーの純度基準を925/1000

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る