ブログ

トレンドの決まり方~トレンドカラー編~

皆さんはファッショントレンドというものがどのように決まっていくのがご存知ですか?
今まで、最新のオシャレとしてショッピングでマネキンを見たり、ファッション雑誌を見たりして「今年はこれが流行りなのか…。」だとかふと考えたことがあると思います!そんなとき、実際トレンドや流行は誰が決めているのか気になったことはありませんか?

 

23


実際、私もふとした時に気になりだして、どこから情報を探したらいいのか悩んだものです。今回はそういった方たちにできる限りわかりやすく、説明していきたいと思います。
初めに、トレンドの決まるまでの流れを大雑把に分けると3つになるのですが、トレンドの商品として販売されるまで2年かかります。私たちの手元に服が届くまでに2年もの時間をかけて、私たちの常に追いかける“トレンド”が届けられるのです。

 


トレンドを作る際には、まず、基盤となるカラーの選定が行われます。この選定はインターカラーと呼ばれる国際流行色委員会が行っています。インターカラーは1963年に発足した流行色を専門とする唯一の国際機関で、15か国加盟しており、年に2度、6月には春夏カラー、12月には秋冬カラーが選定されています。また、インターカラーでは世界基準でのトレンドを生み出しますが、選定のためのトレンド提案会に日本代表としてJAFCAという機関がインターカラー設立時から参加しています。

 

国内市場向けのファッションカラーはJAFCAの専門家たちがインターカラーのトレンドをふまえ選定しています。なので、私たちのトレンドカラーがこのJAFCAが担っていると言って過言はないのです。また、国内のカラートレンドは年に3回情報をまとめているみたいですよ。これが、雑誌に大きく影響しているのですね。

 


もちろん、カテゴライズすると、レディスウェア・メンズウェア・プロダクツとインテリア・メイクの4つのカテゴリーでトレンドが生み出されています。
中には聞いたことがある方もいるかもしれませんが、知らない方にとっては「えっ?2年前にはトレンドって決まってるの!?」「それって一般人の中で流行し始めた時は出遅れた感…」って思う人もいるかもしれません。しかし、実際ファッション業界では常に先を見据えて素敵な服たちがつくられるので、私たちはファッションを楽しめているのです。なので、トレンドは先に取り入れたもの勝ちかもしれませんね。

 


ちなみに2017年のトレンドカラーは今年に引き続き少しくすみを含んだカラーですが、なんといっても注目したいのは、深海のような鮮やかな“アビスブルー”だと思います。是非チェックしてみてください!

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る