ブログ

ドルチェ&ガッバーナの歴史

ドルチェ&ガッバーナは、1985年にイタリア人デザイナーのドメニコ・ドルチェとステファノ・ガッバーナによってイタリアのミラノに本拠地を創立した世界的な高級ラグジュアリーブランドです。

 

124

2人のブランドの初コレクションは「Real Women」というものです。
この頃はブランド収益がまだあまりなく、地元のアマチュアモデルを起用したため、このようなネーミングになっています。
しかし結局このコレクションではうまく収益化することができず、ドルチェ&ガッバーナが収益をあげたのは次の1986年のセカンドコレクションでのことでした。
ここで軌道に乗り、初店舗をオープンしています。

1987年に新ラインとしてニットウェアを発表し、1989年にはランジェリーとビーチウェアのデザインを開始しました。
この翌年からメンズの衣料のデザインを始め、ドレスなどの高額衣類も手掛けるようにもなりました。
現在のドルチェ&ガッバーナは高級ブランドとしてのイメージが定着していますが、そのきっかけとなったのはこの1990年です。

その後の10年間でマドンナの衣装のデザインを手掛けるなどの活躍が目覚ましく、イタリアの高級ブランドとしての確固たる地位を築き上げました。
またビヨンセやホイットニーヒューストンの衣装デザインも手掛けており、世界のドルチェ&ガッバーナと呼ぶにふさわしい仕事をしています。

その後2000年代に入ると、音楽業界のみならずサッカーなどスポーツ業界への進出も始まりました。
ファッション、音楽、スポーツを組み合わせた新たなジャンルの確立です。
1980年代と1990年代はアルマーニなどの他の世界的なブランドに売り上げでは負けていましたが、2000年代に入ってからはそれらのブランドの収益を追い越して最優秀デザイナーにも選出されています。

ドルチェ&ガッバーナにはもともと2つのメインラインであるD&Gおよびドルチェ&ガッバーナがありましたが、2012年に統合し、現在はドルチェ&ガッバーナのみになっています。
この形態は2016年現在とまったく同じです。
そのため今のドルチェ&ガッバーナは2012年にできたと言えます。

現在の、ドルチェ&ガッバーナが取り扱っている商品ジャンルの数が多すぎてメインが何なのかということがあると思いますが、メインはバッグ、靴、財布などの小物類、コスチュームジュエリー、時計、サングラスや眼鏡、メイクアップ用品、香水と幅広いです。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る