ブログ

ブリティッシュ・トラッドの歴史、オシャレ男子は必見!!

ファッションにはカジュアルやフォーマルなど、ある程度のスタイルや形が決まっていますよね。そんなファッションのスタイルの中に、伝統的で王道なスタイルが二つあります。

それが、ブリティッシュ・トラッドとアメリカン・トラッドです。

 

これらのスタイルは現在のファッションにも大きく影響しているため、ファッションに興味がある方は知っておく必要があります。

そこで今回は、イギリスの伝統的なスタイルであるブリティッシュ・トラッドの歴史についてご紹介します。

 

・ブリティッシュ・トラッドとは?
まずブリティッシュ・トラッドについてご紹介します。

ブリティッシュ・トラッドの特徴として挙げられることは、とてもフォーマルであり少し堅苦しい印象のスタイルであるということです。

 

基本的にスーツや、ジャケットにフォーマルなパンツ、革靴を合わせる場合が多いです。

ブランドでいうと、イギリスのブランドであるバーバリーやポールスミスのフォーマルのようなファッションです。

ブリティッシュ・トラッドはフォーマルなスタイルである一方で、柄を入れることもあります。

デザインを施すことによって、堅すぎる印象を軽減し、保守的ではないことを示すためです。

 

バーバリーのトレンチコートの裏地には、バーバリーのチェック柄が施されていることや、スーツに合わせる靴下をアーガイル柄にするのが主な例です。

スーツが似合う人や、少しフォーマルなファッションに遊びを入れたい方におすすめです。

 

・ブリティッシュ・トラッドの歴史
1837年から1901年のヴィクトリア女王の時代の産業革命で服を大量に生産できるようになりました。

この時代にエレガントなファッションが誕生しました。

その後、近現代に入り、ジョージ・ブライアン・フランメルという人によって、いわゆる現在のスーツスタイルが確立されました。

サヴィル・ローという仕立屋が集まる道が有名なように、イギリスでスーツの需要が高かったことが分かります。

政治家や実業家のような上流階級の方たちが身分階級を示すため、ブリティッシュ・トラッドが流行りました。

 

いかがでしたか。

ファッションの王道であるブリティッシュ・トラッドはいつの時代でも変化せず、長年愛されているスタイルです。フォーマルであるために、清潔感や男らしさ、さらにはかっこいい大人のエレガントさといった印象を与えることができるので、好感度が上がることは間違いなしですよ。

みなさんもブリティッシュ・トラッドに身を包んでみてはいかがですか。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る