ブログ

ベルトの太さ別!印象の違い

一口に「ベルト」といっても様々な種類のものがありますよね。
みなさんはベルトを購入する際、どのような点に注目して選ぶでしょうか?
素材やデザインなど、その理由は人それぞれかとは思いますが、太さの違いで悩む方というのは多いのではないでしょうか。
実は、ベルトが細いか太いかによって、人に与える印象が大きく変わるといわれているのです。
そこで今回は、ベルトの太さ別に印象の違いをご紹介したいと思います。
ぜひ最後までご覧になってくださいね。

 

product.10578.148104135682302

基本的に、ベルトは「細いベルト」「中ベルト」「太いベルト」に分けることができるといえるでしょう。
そこで、ここでは、3cm以下は細いベルト、3cm~3.5cmは中ベルト、4cm以上は太いベルトとします。
では、早速ですが、それぞれについてみていきましょう。

・細いベルト(3cm以下)
ではまず、3cm以下の細ベルトから見ていきます。
細いベルトは太いものに比べて、ドレッシーなものに合わせやすく、フォーマル向けだといえます。
デザイン性では太いベルトに劣ることも多いですが、
全体的なバランスに合わせやすいのはこの細いベルトでしょう。
細身のスタイルとは相性抜群です!

・中ベルト(3cm~3.5cm)
次に、3cm~3.5cmの中ベルトについて。
この中ベルトは、多くの方に馴染みのあるものではないでしょうか。
細いものと太いものの中間ですので、比較的カジュアル・フォーマル両方に合わせやすいというのが大きな魅力でしょう。
そのため、この太さのベルトは持っていて損はないといえます。
悩んだ時はこの中ベルトを選ぶのがおすすめですよ。

・太いベルト(4cm以上)
最後に、4cm以上の太いベルトについても見ていきましょう。
この太いベルトは先ほども触れたように、カジュアルな印象を与えることが多いでしょう。
そのため、TPOに合わせて使い分ける必要がありそうです。
ただ、太いベルトには装飾が施されていたり、バックルが大きいものもあり、
ファッションにおいて、インパクトになる力があるといえます。

いかがでしたでしょうか。
ベルトの太さによって与える印象が異なることをご理解いただけたでしょうか。
なかなか目立つことの少ないベルトですが、うまく活用するとコーディネートを格上げできるといえるでしょう。
TPOやコーディネートのバランスを考えながら、ぜひご自身に合ったものを見つけてくださいね。
この記事が参考になれば幸いです。



  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る