ブログ

ボストンバッグの歴史

ボストンバッグは大きくて荷物がたくさん入りますので、旅行の際に活用される方も多いのではないでしょうか。
キャリーバッグと違ってボストンバッグは、両手が空きますし階段もスムーズに上り下りできますので便利ですよね。

そんなボストンバッグですが、いつどこで産まれたのかをご存知でしょうか。
ボストンバッグはよく使うけどその歴史までは知らないと言う方が多数だと思います。
ですので今回はボストンバッグの歴史をお話ししていきますね。

 

3_20d1796b-fbcc-4098-8b9a-da5cce22b22e_1024x1024

ボストンバッグの名前は、アメリカ合衆国のボストン大学に在籍していた学生が旅行用バッグとして愛用していたことに由来すると言われています。
ボストンバッグと聞いて、アメリカのボストンが関係していると予想された方もいらっしゃったかもしれませんね。
しかし、ボストン大学の学生が愛用していたことがそのカバンの名前の由来になるなんて驚きですよね。

そんなボストンバッグが日本に入ってきたのは1924年のことなんですよ。
和暦になおすと大正13年頃のことなんです。
そんな昔から日本に入ってきていたんですね。

この当時日本に入ってきていたボストンバッグは、口金で開閉をする革製のカバンでした。
今もよく使うチャック付きのボストンバッグは、昭和の時代に入ってきたんですよ。
また、昭和になってからはボストンバッグの材料にも変化が出てきました。
大正時代に入ってきた頃と同じ皮革を使用したものに加えて、合成皮革や布も使用されるようになったんですよ。

こんな歴史を持つボストンバッグが世の中に広まったのは昭和27年頃のことです。
この頃日本ではボーリングが大ブームになりました。
ですので多くの人がマイボールやマイシューズを持ち歩いていたんですね。
これらを持ち運ぶのにピッタリだったのが、ボストンバッグだったのです。

今ではボストンバッグの素材や柄も豊富ですので、用途別に使い分けておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ラフな旅行に持っていくには軽さ重視のナイロン製ボストンバッグが便利ですよね。
また、出張などスーツに合わせる際は革製のカッチリしたボストンバッグがピッタリです。
昔はボーリンググッズを入れるのに重宝されたボストンバッグですが、今ではゴルフを楽しむ際にウェアやタオルを入れるのに使う方も多いのですよ。
ゴルフは紳士なスポーツですので、落ち着いた大人のデザインのものを選ぶといいですね。

昔から今まで長く愛用されているボストンバッグですが、その名前の由来はボストン大学の学生が愛用していたことなんですね。
あまり知られていない話かと思いますので、ぜひ話のネタとして使ってみてくださいね。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る