ブログ

マーク・ジェイコブスの歴史

今では世界的に知られるようになった「kawaii」という言葉。
この言葉が有名になったのはアメリカのデザイナーであるマーク・ジェイコブス氏による所が大きいと言われます。
このマーク・ジェイコブスという人物と彼が生んだファッションブランド「マーク・ジェイコブス」の歴史を見てみましょう。

 

160


マーク・ジェイコブスは1963年にニューヨークで生まれたユダヤ系アメリカ人です。
小学生の頃からデザイナーになる夢を持ち、15歳の時アルバイト先で出会った名デザイナー、ペリー・エリス氏に見い出され、深く感銘を受けます。

 

1981年にマンハッタンのハイスクール・オブ・アート・アンド・デザインを卒業した後、19世紀末から続くニューヨークの名門デザイン学校パーソンズ・スクール・オブ・デザインに進学。
1986年には自身の名を冠したブランド「マーク・ジェイコブス」のコレクションを発表。
翌年1987年にCFDA(アメリカファッションデザイン協議会)より新人デザイナーに贈られる「ペリー・エリス賞」を最年少で受賞します。

 

卒業後は「ペリー・エリス」のチーフデザイナーに抜擢され、ニルヴァーナやパールジャムなどのグランジロックを視覚的に表現しようと試み、グランジコレクションを発表。
しかし保守的な「ペリー・エリス」ブランドの幹部や顧客からは不評で、これがもとで「ペリー・エリス」を解雇されてしまいます。

 


1996年にセカンドライン「マーク・ジェイコブス・ルック」をスタートさせ、翌年97年にはルイ・ヴィトンのアートディレクターに就任。
メンズ、レディース、アクセサリー全般を監修し、同社の売上に大きく貢献します。
老舗のバッグブランドというそれまでのヴィトンのイメージを刷新、一流のファッションブランドへ塗り替えたその功績は大きいといわれています。

 


2001年に新たに「マーク・バイ・マーク・ジェイコブス」を発足。
ルイ・ヴィトンの親会社LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)の出資を受けたことでブランドは世界的規模に拡大。
2007年にマーク・ジェイコブス原宿店が、2011年に青山店がオープンしています。

 

ジェイコブス氏は以前からゲイを公言しており、過去に男性と同性婚しています。
今は離婚してブラジル人のポルノ男優と付き合っているのだとか。

 

またデザイナーとして初の大型契約を交わした相手が日本企業だったことから大の親日家です。
2003年にヴィトンの「モノグラム」で村上隆とコラボレートしたバッグを発表。
アーティスト村上隆氏の名声を高めるとともに「kawaii」という概念を世界中に広げるきっかけともなりました。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る