ブログ

モンクレールの歴史、元々は登山家のためのブランドだった?!

冬の寒い時期には必ず目にする、「左腕の袖に白いワッペンの付いたダウンジャケット」をみなさんはご存知ないでしょうか?

実はダウンジャケットで有名なモンクレールは元々登山家が山を登るために使う装備を作るブランドでした。

今回は超人気高級ダウンジャケットで有名な「モンクレール」の歴史についてご紹介します。

 

■創業と冬季オリンピック
1952年、レネ・ラミヨンとアンドレ・バンサンによってフランスの小さな村でモンクレールは創業されました。

創業当初は登山をするに必要なシュラフ、ウエアやテントを販売していました。

その後、工場で働く人の防寒用に作った、手足を出すことのできるシェラフが現在のダウンウェアの原型となります。

 

1968年、第10回冬季オリンピック大会が地元フランスのグルノーブルで開催されました。

モンクレールはこのオリンピックで、フランスのアルペンナショナルスキーチームの公式スポンサーになり、フランス代表選手がモンクレールの商品を着用しました。

 

オリンピックからフランスの国鳥である「オンドリ」がモンクレールのシンボルマークとして採用され、ダウンジャケットの左袖にある白いマークになります。

このときに出来上がったトリコロールカラー(フランスを想わせる赤、白、青色)のダウンジャケットによって、モンクレールの名が世界に知れ渡ることになりました。

 

■パリのセレクトショップから火がついた
1980年代には、モンクレールがパリのセレクトショップなどで扱われるようになり、保温性と品質の高さに優れ、かつファッション性を重視したダウンジャケットに人気が集まりました。

1990年代後半頃から、バレンシアガやジュンヤワタナベなどの有名ブランドとのコラボ商品を展開し、モードとしても脚光を浴び始めました。

 

それ以来、モンクレールはクラシックでありながら、最高の品質を保証し、さらには流行を取り入れたファッション性の高いダウン製品を提供してきました。

さらに、ダウンのみならずポロシャツなどのスポーティウエア、レディースモデルにも力を入れ、製品展開を増やしていきます。

今ではモンクレールはトータルファッションとしてトレンドを引っ張るまでになりました。

 

モンクレールの歴史をご紹介しましたが、いかがでしたか。
モンクレールの商品は決して安いわけではありません。

しかし、モンクレールの商品はクラシックでありながら、最高の品質を保証し、さらには流行を取り入れたファッション性のあることを考慮すると、値段相応の価値はあると思います。

モンクレールの商品を購入してみてはいかがでしょうか。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る