ブログ

ルイ・ヴィトンの歴史

世界で一番有名な高級ブランドといえばどのブランドを想像しますか?
おそらく、ほとんどの人が「ルイ・ヴィトン」と答えるのではないでしょうか。

そして、ルイ・ヴィトンを持っている人を見かけると、羨ましい、かっこいいというような気持ちになりますよね。

 

そんな、高級ブランドのルイ・ヴィトンですが、なぜそれほど有名で人気になったのでしょうか。

今回はその秘密の手がかりになる、ルイ・ヴィトンの変革と栄光への歴史をご紹介します。

 

ルイ・ヴィトンの創始者ルイは今からおよそ200年前になる1821年に、フランスで生まれました。

14歳の頃から、すでに職人として働き始めた彼ですが、親との折り合いが悪くなり、家を出てパリに住むようになります。
その後、トランク製造を荷造りにおいて評判になり、その腕前はフランス王室から注文を受けるほどでした。
そして、1854年に旅行鞄専門のアトリエをオープンしました。これが「ルイ・ヴィトン」の発祥です。

 

その後、ルイの息子のジョルジュがアトリエを引き継ぎました。

アトリエはすでに大人気だったのですが、そのためとも言える困難がありました。

それは、今でも存在している模倣品の存在です。ルイ・ヴィトンの鞄の人気にあやかって、売ろうとする模倣品が数多く現れたのです。

 

もちろん、ヴィトンの評判、機能性は突出しており、模倣品は粗悪品だったのですが、真似をされたらそれに対抗して新しいデザインを考えないといけない繰り返しでした。
そんななか、ジョルジュが考えたのが、日本の市松模様からインスピレーションを得た「ダミエ」です。

これは大ヒットします。

 

しかし、そんなダミエも模倣しやすかったので、すぐに真似されてしまいました。

そのような、終わらない模倣品の登場に、ジョルジュはより工夫された斬新なデザインが必要だと考えました。

 

そうやって、考えた末に生み出されたデザインが、あの有名な「モノグラム」です。

LとV、花と星のシンボルが均一に並んでおり、日本の家紋に影響を受けたことでも有名なものです。
そんなモノグラムは、非常に手の込んだ技術を必要とされるデザインであったので、それ以降、模倣品を一気に撲滅することができました。

 

そうやって、模倣品を撲滅し、人気を確立した、ルイ・ヴィトンは創業から約200年経った今でもその人気は衰えることを知りません。
そして、ルイ・ヴィトンが初めて海外に進出したのは、なんと日本でした。

 

デザインが日本にルーツがあるだけでなく、そこでも日本が原点だったのです。

そんな日本と実は縁が深いルイ・ヴィトンだからこそ、多くの日本人に愛されているのかもしれませんね。

 

以上がルイ・ヴィトンの歴史でした。日本にルーツがあるという、意外な事実に驚かれた方も多いのではないでしょうか。
ぜひ、一度なにかのご褒美やプレゼントにルイ・ヴィトンを選んでみてはいかがでしょうか?

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る