ブログ

レインブーツの選び方とは

みなさん、雨の日に大活躍するレインブーツをお持ちですか?
 
かわいいデザインの靴でも、雨の日にはいてしまうと靴の中まで水が入ってしまって、お気に入りの靴も汚れてしまって、あまりうれしいものではありませんよね。
レインブーツをこれから買おうと考えている方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、雨の日を楽しくするレインブーツの選び方についてご紹介します。
 
 

rain01


 
まず、レインブーツには、長さによっても種類が豊富にあります。
ひざ下まで丈があるものや、くるぶしまでのもの、その中間のものもありますし、パンプスタイプのレインブーツも発売されています。
 
長い丈のロングブーツの特徴としては、ひざ下まですっぽりと足をカバーしてくれることによって、雨よけ効果は大変高いということが言えます。
ただ、その長さから、収納場所に困ってしまったり、脱ぎにくいというデメリットもありますし、ショートブーツよりも重たくなってしまうことや、乾燥させにくいということも欠点としてあげられます。
 
一方、丈の短いショートブーツのタイプは、着脱しやすく、収納もしやすいということから、使いやすさの面では良いといえます。
もちろんロングブーツに比べて、雨よけ効果は低くなってしまいますが、小雨のときや、近距離で使いたいという場合には使いやすいものとなることでしょう。
 
長さは、自分の生活スタイルに合わせて、雨の日でも自転車に乗る方や歩く距離が長いという方はロングブーツを、駅からも近く、使い勝手がいいほうが良いというかたは、ショートブーツを選ぶとよいでしょう。
 
雨の強さによっても使い分けれるので、両方の丈のものを持っておくのもおすすめです。
 
 
 
 
また、素材にもいくつか種類があり、塩化ビニール素材のもの、天然ゴムや合成ゴム素材のものさらには、合成皮革素材のものなどがあります。
 
それぞれに特徴を兼ね備えていて、塩化ビニール素材のものだと、歩き心地は良くないものの、汚れや傷がつきにくいのが特徴で半永久的に劣化しないという素材となっています。
 
ゴム素材だと、伸びが良く、フィット感と歩きやすさがメリットとしてあげられ、さらには断熱性と防水性にも優れています。
 
そして、合成皮革素材だと、レインブーツとは思えないほどのデザイン性の高さが特徴としてあげられます。
ただ、ゴム素材と合成皮革はどうしても劣化してしまうので、日ごろのメンテナンスや定期的な買い替えも必要になってくることでしょう。
 
 
 
このように少し前までは、レインブーツというと、長靴というイメージが強かったですが、
最近ではデザインも豊富で、雨の日でもオシャレを楽しめるようなものもたくさん発売されています。
自分の生活スタイルに合ったレインブーツを選んで、雨の日のお出かけを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

ojoie_999991-nvye

ポロ ラルフローレン POLO Ralph Lauren

レインブーツ 5.5(24.5cm) 999991-NV/YE

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る