ブログ

世界的に有名なアパレルブランド、カルバンクライン(Calvin Klein)の歴史

「CK」のロゴが有名な、カルバンクライン。

アンダーウェアや香水をはじめとして、多くのアイテムを展開しているので、愛用されている方も多いのではないでしょうか。

好きなブランドであっても、その歴史については深く知らないという方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、カルバンクラインの歴史をご紹介していきます!

 

◯創業者、カルバン・クライン
創業者であるカルバン・クラインは、1942年にニューヨークのブリンクスに生まれました。

ユダヤ系ハンガリー移民の家庭で育ち、5歳の頃からすでに服のデザインに興味があったと言われています。
独学で裁縫を学び、ニューヨークのマンハッタン・ハイスクールからスクール・オブ・アート・デザインに入学し、その後ファッション工科大学に進学します。卒業後はダン・シュタイン・ハウス・オブ・デザインで勤務します。

この頃、父親の経営する食料品店で手にした雑誌に自分がデザインしたコートが掲載されているのを見つけたのをきっかけに、デザインの道に進むことを決めたそうです。

 

◯カルバンクライン立ち上げ
アパレルメーカーなどで勤務を積んだあと、1968年に、幼馴染のバリー・シュワルツとともにカルバンクレインを創業します。

父親に約100万円の借金をして、婦人用コートとドレス3着だけのラインでスタートしました。

当初店舗はニューヨークのとあるホテル内にあったのですが、そこにたまたま居合わせたある大手百貨店のバイヤーの目に留まり、約500万円のオファーを受けたことをきっかけに、瞬く間にカルバンクラインの名が世に知れ渡っていきました。

 

◯事業拡大と社会貢献
1970年代には経営を多角化し、数々の賞を受賞し、どんどん事業を拡大していきました。

1980年代以降チャリティ活動に注力し、社会貢献の姿勢を印象づけました。

そして、1992年に「CK Calvin Klein」を創設します。

 

◯大衆化による低迷期と再注目
しかしその後、アパレル業界は低価格を重視した流れにシフトしていき、高級ブランドのカルバンクラインのコピー商品が大量に流出しました。

それによりブランドイメージが傷つき、2001年には、市場を撤退します。

カルバン・クラインの引退後、新たなデザイナーが彼の思想を継承しながら新生カルバンクラインを作っていき、再び幅広い年齢層に支持されるようになりました。

 

-まとめ-
ここまで、カルバンクラインの歴史についてご紹介してきました。
現在、世界を代表するアパレルブランドのカルバンクラインですが、一度市場から退くほどの低迷期があったのですね。
オージョワ オンラインブティックでも、カルバンクラインの商品を取り扱っておりますので、ぜひご覧になってください!

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る