ブログ

全然わからない!スカーフのベストな巻き方について解説

スカーフの良さは顔周りを華やかにし、そして肌を美しく見せてくれることです。

お顔の印象ははっきりして、綺麗な人というイメージに仕上がるでしょう。


スカーフの巻き方は特にリボン巻きが華やかです。お顔近くにあるリボンはお顔をきれいに見せます。

蝶結びを指先で作るのも大変可愛らしいですが金具を使うとより簡単に、それなのにゴージャスに仕上がります。

 

きらりと光る宝石のように、より装いを豪華な雰囲気に仕上げてくれます。

丸い輪っかになっているものはそこにスカーフを左右から通して固定します。

また、留め具が後ろ側についているものは、スカーフを輪っか状態にして左右から通し、リボン結びを可愛らしく作ると可憐な印象です。

 

シンプルなカラーのお洋服にこそスカーフは映えます。

先程申し上げた通り金具で留めることがポイントで、より華やかでおしゃれになりますのでぜひお勧めします。

金具はどんなものでもよいのですが、輪っかになっている物、うしろに留め具がついているものは、スカーフを通したり挟み込んで固定します。

 

好きな形にスカーフをアレンジしてもずれて落ちてしまわないのが長所です。

綺麗な飾りのついたクリップタイプのものもドレスなどにも使いやすいですし、皮と金具を使ったスカーフ留めの場合は、カジュアルファッションにピッタリです。肩にかけたスカーフの両側の同じ高さの部分を挟むだけで、とてもおしゃれになります。

 

金具はファッションとお出かけの場所に応じて何種類か持っておくと便利です。

同じお洋服、ドレスであっても、違うスカーフを違う巻き方、留め方をすることで、違うもののように見えますので、便利です。

ぜひ、お洋服、ドレスに合わせて何種類か用意しておきましょう。

 

また、デニムの腰にベルト代わりに巻くのもおしゃれです。

単純な色目の服装にこそスカーフは映えます。ぜひ、楽しんで、結んでみましょう。

 

金具を使ってスカーフをアレンジして固定することで、緩むこともずれることも少なくなり、美しいままを維持しやすくなります。

両手も自由に動かせますし、グラスを持つときなどにも安心です。

 

金具はインターネットでもそろえることが出来ます。

大ぶりなカジュアルなものから繊細な銀細工のようなものまで、様々です。スカーフは実際手に取って選ばれるほうが色目や質感はわかりやすいでしょう。

 

合わせるお洋服を着ていくか、お洋服の色がはっきりわかるものを持参すると合わせやすいです。

ぜひ、スカーフをベストに巻いて、すてきなあなたを演出してください。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る