ブログ

冬の靴のお手入れ方法

衣替えと同時に、多くの人が靴もそのシーズンに合ったものに変えるのではないでしょうか。
そこで今回は、特に扱い方に困りがちなブーツなどを含む「冬の靴のお手入れ方法」についてご紹介したいと思います。
ぜひ最後までご覧になってくださいね。

 

sh1384_01

・基本のお手入れ方法
まずはブラシで汚れを落とすことから始まります。
この際には柔らかい馬毛ブラシのしようがおすすめです。
力を入れすぎると傷のもとです、なでるように優しく動かしましょう。
次に靴のクリームを硬めの豚毛ブラシに少量着けてブラッシングします。
このクリームは、油性ではなく、乳化性のものを使用することに注意しましょうね。
そして綿の布でクリームを靴全体になじませ、余分なものをふき取ります。
また、ヒールや靴の裏が汚れている場合は、歯ブラシなどで汚れを取り、布用の除菌剤スプレーをかけましょう。

・布製品の丸洗いはしてはいけない
基本的に布製品の丸洗いはしてはいけないということはぜひ覚えておきましょう。
丸洗いができなくても、水を固く絞った布で軽くたたき、汚れを布に吸収させるので問題ありませんよ。
汚れを取った後はその後風通しの良い場所で陰干ししてくださいね。

・靴の中
靴の内部は実際に足が触れる部分です。
においや汚れを放っておくと、カビや悪臭の原因になりかねません。
そうならないためにも、水で濡らした布を固く絞り、しっかりとふき取りましょう。
もし汚れがひどい場合は、中敷きを入れ替えるのも一つの手ですよ。

では、お手入れの終わった靴はどのように長期保管するのがいいのでしょうか。
長期保管の場合は、とにかく華美に注意する必要があるといえるでしょう。
乾燥材を入れ、なるべく湿気がない・風通しのいい・直射日光の当たらない場所に保管してください。
また、ブーツの場合は、、ブーツキーパーを装着し、乾燥剤を入れるのがおすすめです。
ブーツキーパーは型崩れを防げるので来年も気持ちよく履くことができますよ。

いかがでしたでしょうか。
靴のお手入れ方法についてご理解いただけたでしょうか。
靴というのは、肌に直接触れるものでありながら、非常に汚れることの多いものです。
冬は雪で靴が濡れることもしばしばあることでしょう。
シーズンが終わり片付けを行う前に、そんな靴を労わる気持ちできちんとお手入れをしてみてください。
次のシーズンにその靴を履いた時、その快適さはきっと異なることでしょう。
この記事が参考になれば幸いです。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る