ブログ

効果的な日傘の色とは

暑い夏には、紫外線対策だけでなく、熱中症対策も重要となってきます。

痛いくらいの陽射しを受ける季節には、やはり日傘が欲しくなりますよね。

もちろん、日傘をささないより、さしたほうが紫外線対策にも熱中症対策にもなりますが、
せっかくなら、日差しを効率よく遮ってくれる効果的な日傘を使いたいものですよね。


そこで、今回は、効果的な日傘の色についてご紹介します。



まず、日傘を使うのは、暑い時期だからこそ、見た目の涼しい白や淡い色を選びたくなります。

夏場に白系の色を取り入れていると、見ているだけでも爽やかに感じますよね。

しかし、白は光を反射させるため、あまりよくありません。
傘の内側に入った光が反射して、防いでいるはずの紫外線が、守りたいはずの肌へと届いているのです。

地面から反射して届く紫外線も、白い傘によってまた反射してしまい、お肌に紫外線が届いてしまうことにつながるのです。


では、効果のある色は何かというと、白の反対の、黒色です。

黒い日傘はおしゃれではないし、暑苦しいと思うでしょう。

しかし、実は外側は何色でも良く、肝心なのは、内側が黒の傘を選ぶということなのです。

使用する日傘によって、外側の紫外線は外側へ反射し、内側の紫外線は黒が吸収してくれます。

内側が黒なら外側は何色でも良いということなら、取り入れやすいですね。

!!859143453

 

また、色も大切ですが、生地選びも大切です。

生地の厚いものの方が紫外線を防ぐのですが、生地が厚いと熱中症対策には向かないのです。

夏は紫外線のことだけではなく、熱中症になる危険性も考えなくてはなりません。

熱が傘の中にこもりにくいようなものを選ぶことが快適に夏を過ごすことにつながるでしょう。



そして、最近では、色も生地も関係なく、UV加工が施されているものも多く販売されています。

UV加工がされていて、紫外線カット率が99.9パーセントのようなものを選ぶと、
色味や生地質関係なく、自分の好きなデザインのもので、効果的に紫外線をカットできます。



このように、効果的な日傘の色は一般的に黒色ですが、
自分の好きなデザインを選びたいという方は、日傘の紫外線カット率がどれくらいのものなのか確認してから日傘を購入するようにしましょう。

紫外線や熱中症などの暑い時期に存在する敵には、好きなものを取り入れて、楽しみながら戦っていきたいですね。

効果的な日傘を使って、日差しがきつい夏を乗り切ってみてはいかがでしょうか。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る