ブログ

多くの海外セレブが愛するセリーヌの歴史に迫る!

みなさんこんにちは。フランスのパリで生まれたセリーヌをご存知でしょうか。

今や多くのセレブ達を顧客に持つ超一流ブランドの一つです。セリーヌのコレクションのこだわりは、女性の品格向上と使い勝手を研究したデザインとなっており、「女性らしくありつつも自立していてアクティブな女性像」というブランドコンセプトに基づいて、世界にセリーヌならではのトレンドを発信し続けています。

 

そこで今回はそんなセリーヌのブランドの歴史とその魅力を紐解いていきます。

 

■セリーヌの創業者
創業者であるセリーヌ・ヴィピアナが、1945年に夫のリチャードが自分の子どもたちのためにパリに開いたオーダメードの革製子供靴専門店を開いたことから、セリーヌというブランドが始まりました。パリの靴職人の技術を生かし、丁寧に製造された靴は瞬く間に上流階級を中心に広まり人気を集め、セリーヌはハイブランドとしての道を歩み始めました。

 

■セリーヌ製品の魅力
セリーヌの手掛けた革靴はデザインに優れているだけではなく、医学的観点からも計算された安全性の高い靴であり、最高級の皮革を一流の職人によって作り上げるという強いこだわりがありました。1959年からは、多くの子を持つ婦人たちの要望もあって、婦人靴の分野にも拡大することになりました。

 

婦人靴を作り始めてすぐ、馬具である轡(くつわ)型の金具のついた婦人用モカシン「インカ」が大ヒットしたのです。1960年代以降はバッグやスカーフ、香水なども取り扱うようになり、特に馬車の柄とバックルをあしらったサルキーバッグが人気商品になりました。

 

■停滞期を乗り越えて
しかし、主に上流階級をターゲットとしてきたマーケティング戦略では、時代が経つにつれ業績は低下しブランドの勢いは鈍化、一時は経営が危ぶまれたセリーヌでしたが、フィナンシエ-ル・アガッシュ社という企業グループに買収され、ナン・ルジェがセリーヌの再建に尽力し、1996年にニューヨークで活躍していたマイケル・コースをチーフデザイナーとして迎え入れました。

 

■救世主マイケルコース!
マイケルコースをセリーヌに迎え入れたことで、彼のもたらすスポーティスタイルが多くの人々から好評を得て、セリーヌは再度輝きを取り戻すことに成功しました。彼によってセリーヌの売り上げはわずか数年間で倍増させたと言われています。そして現在はクロエのチーフデザイナーを務めた経験のあるフィビー・ファィロがクリエイティブディレクターとして起用されました。

 

今やセリーヌのアイコンバッグとなった「ラゲージ」や「カバ」といったアイテムは、世界のセレブを虜にし、憧れのハイブランドとしての地位を築き上げました。しかし、シンプルな中にも洗練された美しいフォルム、シルエットや細部に至るディテールまでこだわりを貫いているのは今も昔も変わらないようです。

 

いかがでしたか。現在では幅広くコレクションを手掛け、男女問わず愛され続けています。それはきっと、セリーヌのこだわり抜いた素材と技術がこのように反映されているのでしょう。是非一度セリーヌのアイテムを手に入れてみてはいかがでしょうか?

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る