ブログ

大人なスーツの着こなし方

会社の面接や、大学の入学式など、スーツを着る場面は多々ありますよね。
今回は、周りとは一味違う、オシャレかつ大人の雰囲気が漂うスーツの着こなし方について考えていきたいと思います。

まず、スーツを着るにあたってのマナーについてです。
買ったスーツをそのまま着るだけではなく、スーツにもマナーやルールといったものがあったんですね。

 

gf01a201502191800

早速、具体的に見ていきましょう。
最初に考えなければならないのは、やはりサイズです。
身長や体重で買うのもいいですが、お金に余裕があるようならオーダーで作るのをオススメします。
ダボダボのスーツよりも、体にフィットしたスーツの方が面接等でも好印象が与えることができますよ。

次に、ワイシャツとジャッケットとの着方です。
ワイシャツとジャケットを同じサイズで買うのではなく、ワイシャツがジャケットの袖口から1.0cm〜1.5cm見えるぐらいがベストとされます。
ワイシャツが全く見えなければ、ジャケットが大きく見えてしまい、逆に、見えすぎても小さく見えてしまうので、格好良く着こなすのであればワイシャツを見せる長さも考えてみてくださいね。

また、気をつけなければいけないところとしては、ボタンの一番下は開けるということです。
スーツの一番下のボタンには飾りボタンと呼ばれ、一般的には締めないのがマナーとされます。

予備知識として、座る際にはボタンは全て外したほうがいいですね。
座った時につく不自然なシワを作るのを防ぐためです。

では、上記のようなマナーを考えた上で、オシャレに着こなすにはどうしたらいいのでしょうか?
最初に注目したいのは、色です。

黒と言うのがスーツのイメージかもしれませんが、黒は冠婚葬祭のイメージもあるため、特に海外では敬遠されることもあります。
スーツにはネイビーやチャコールグレー、グレー、ブラウンなど多種多様ですが、ネイビーは信頼感を与えたり、ブラウンは秋の季節に着ると風景に合って、美しく見えたりと、相手への感じさせ方も変わるので、スーツを買うときは、着るときの状況や季節を考えて買うのがいいかもしれませんね。

さて、ここまでで、スーツを選ぶことはできました。
ここからエレガントさ、オシャレに飛躍させるには小物を用いるのがポイントとなってきます。
最初に紹介するのは、ウエストコートと呼ばれるスーツのベストです。
ベストの色をあえてスーツの色と変えることで、ワンポイントとして使えるかもしれません。

次に注目をするのは、ネクタイをニットタイに変えることです。
春夏にオススメで、普段のシルクとは違うものなので、休日や柔らかい印象を与えることができますね。
最後に挙げるのは、ポケットチーフを取り入れることです。
街で見かけるオシャレなスーツを着た人たちは、胸ポケットに柄物のポケットチーフを入れてますよね。
ポケットチーフ単体でワンポイントとして演出するのも、ネクタイと合わせて統一感のあるコーデにするのも格好良くなりますよ。

いかがでしたでしょうか?
スーツのマナーを頭に入れ、いつもとは一味違う着こなし方に挑戦してみてくださいね。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る