ブログ

大人の身だしなみ!スーツを綺麗に着こなすためのポイント

スーツはビジネスマンにとっては相棒のようなものです。商談の場でも、よれたスーツを着ているようでは信用されにくく、仕事が出来るサラリーマンの方は身だしなみもきちんとされています。

自分の身だしなみもきちんと出来ないようではしっかりとした仕事も出来ないのではないかと見られてしまいがちです。

 

まず、ひと目で分かるポイントとして折り目をきっちりとさせることが重要です。スーツの折り目は意外にもよく見られています。パリッとスーツを格好良く着こなすには折り目を際立たせておくようにしましょう。

 

よく、スーツは何着か用意して毎日同じスーツを着用し続けないようにしなければならないと言われますが、毎日同じスーツを着用していると、当然折り目は薄くなっていきます。

 

特に素材に着目すると、ウール素材のスーツは折り目が除々に薄くなってきますので、1日着用すれば休ませて、アイロンで折り目をつけておくようにすると格好良く着こなせます。

 

ポリエステル素材になると、折り目は薄くなりにくいのですが、小じわがつきやすい素材になりますので、細かいシワが目立つ前にアイロンをかけることをおすすめします。

 

また、スーツを綺麗に着こなすには、バランスが重要になります。

ベルトと靴の色を合わせるのはビジネスシーンでのスーツの着用として基本になります。

プライベートではベルトをしない方もビジネスでスーツを着用する時には必ずベルトを着用しなければなりません。

スーツにベルトは基本中の基本です。

 

おしゃれ上級者になると色を外すという着こなしをする方もいますが、保守的な会社ではスーツの着用の常識がなっていないと見られてしまうこともあります。

特に新入社員の間は靴もベルトも黒で統一するのが良いでしょう。

外ポケットをあまり使わないことも、スーツを綺麗に着こなすには重要なポイントになります。

 

まず、外ポケットには物を入れないようにするのがマナーです。普段街中を歩いてみても、外ポケットに物をぱんぱんに入れて歩いているビジネスマンは見かけないでしょう。

 

外ポケットに物を入れるとスーツが型くずれしてしまいますし、何か物を入れたい場合は内ポケットを使用すれば外から見た時に分かりにくいので、外ポケットを使うのではなく、内ポケットを使うようにしましょう。

 

ビジネスマンの方の中には、外ポケットのしつけ糸すら外さないまま着用している方もいるぐらい、通常物を入れて使わないものです。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る