ブログ

失敗しない!香水の選びかた

みなさんは、香水を選ぶとき、どのようにして決めていますか?
実は、香水を選ぶ際にはいくつかのポイントがあるのです。
そこで今回は、「失敗しない香水の選びかた」をご紹介したいと思います。
ぜひ最後までご覧になってくださいね。

 

16f986xit2020nuoc20hoa1

・香水は嗅がずに試すのがおすすめ
香水を選ぶ際に香りをかぎますよね。
もちろんそれが間違っているというわけではありません。
しかし、嗅ぐだけではなく肌に乗せるのが、失敗しないためにはおすすめの方法なのです。
実は、香水というのは、体温の高さによって香りの発し方が異なるといわれています。
つまり、同じ香水でも、つける人によって異なるのです。
試す際は、体温の高い手首につけ、香りを判断してみてください。

・時間が経ってからの香りを確認する
香水というのは、つけた時から三段階に香りが変化するといわれています。
その最後の香りになるのには、およそ2時間はかかるでしょう。

・香水の種類を知る
一口に香水といっても、様々な種類があります。
大きく分けても香水には「オーデコロン」「オードトワレ」「オーデパルファン」「パルファン」の4種類が存在します。
一体何が違うのかというと、香りの濃度と持続時間が異なります。
その違いを知ることで、後悔のない香水選びに一歩近づくでしょう。
それではそれぞれみていきましょう。

⑴オーデコロン
オーデコロンは最大で2時間程度、香りが持続するといわれています。
香りが持続し、かつ柔らかい香りである点が特徴だといえるでしょう。
また、この4種類中最も安価なので、香水を試したい!という方にはこちらがおすすめです。

⑵オードトワレ
こちらは3時間程度香りが持続します。
香水の中で最も数が多いといわれている種類です。
普段使いをしたいという方にぴったりでしょう。

⑶オーデパルファン
このオーデパルファンは5時間程度持続します。
香りがしっかりつくので、なかなか付け直せないときなどに特におすすめですよ。
ただ、その分TPOは考慮する必要があるでしょう。

⑷パルファン
こちらは4種類の中でも最も濃度の濃いものだといえるでしょう。
その持続時間は5時間~半日程度にのぼります。
ただ、ほとんど流通しておらず、種類もごくわずかだといわれています。

いかがでしたでしょうか。
香水はあなたの印象を大きく左右するものだといえます。
だからこそ後悔することの無いように、ぜひこれらのポイントを踏まえて選んでみてくださいね!
この記事が参考になれば幸いです。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る