ブログ

女性は誰もが気になるサングラスの選び方

サングラスは、おしゃれのアイテムとしても日焼けや紫外線による眼病予防の為にも利用されますよね。

でも、一番目につく顔につけるものですから、やはり似合っている方がいいのです。

例え、デザインや機能性が自分の好みやニーズにぴったりだったとしても全然似合っていないと台無しです。

だからと言って、自分に合うものって「どのように選べばいいのか」そこがわからない人が多いんです。

 

そこで、その選び方のポイントです。「顔の形と違うものは避ける」「フレームと顔幅を合わせる」の二つ。

これを知っていればきっと似合うものが見つかる、或いは大きくズレる事は無いと思います。

様々なサングラスがある中で、このポイントに忠実に選ぶ事で「似合わない」という事態は避ける事が出来るので、しっかり抑えておきましょう。

 

では、「顔の形と違うものは避ける」というのはどういう事かというと、言い換えれば「自分の顔に合ったものを選ぶ」事。顔の形には似合うフレームというのがあります。

つまり、それ以外のフレームは、たとえ凄くデザインが気に入っても似合わないと思った方が良いです。

 

具体的には、丸顔や三角顔の方はスクエア型やファックス型など引き締め効果のある少し角がある形、面長の方は全体のバランスを整えられるウエリントン型やティアドロップ型またはボストン型がおススメです。

四角顔であれば、逆に丸みを帯びた
ラウンド型やオーバル型を選ぶと柔らかい感じにきまります。

 

次に、「フレームと顔幅を合わせる」という事についてですが、フレームの横幅と顔幅を合わせ、顔の縦幅の3分の1の大きさのものが似合う大きさを選ぶ事、顔の大きさに合わないものは不自然になるので注意しましょう。

 

こういったポイントを踏まえて、更に魅力的に見せる選び方があります。

それは、ブリッジとテンプルです。女性らしい印象を与えたいなら、ブリッジは丸みを帯びたもの、テンプルは細くて華奢なものを選びます。

 

逆に、メンズライク感が出したいならブリッジを直線的なものを、カジュアル感が出したいならテンプルは太めなものを選ぶと良いです。

 

さて、これらのポイントがわかればサングラスをショップに見に行っても、ある程度絞られてるので選ぶのが楽にできると思います。

流行りや好みはそれぞれにあると思いますが、サングラスは自分の顔に合うものがベストなのです。そうでなければどんな良いデザインも、自分自身の魅力も半減してしまうのです。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る