ブログ

女性必見!ハイヒールで疲れた足のケア方法

働く女性は職種によっては毎日ハイヒールを履く方もいますので、足の疲れに悩んでいる方も少なくありません。

土日など休日だけ着用していても高いハイヒールを履いているととても疲れてしまうものです。

 

午前中は平気でも、午後になるとだんだんと足がむくんできて、ふくらはぎを中心に足がぱんぱんになるという方もいらっしゃいます。

少しでも細く見せたい足にも関わらず、むくんで太く見えてしまうのは女性にとって悲しいものです。

疲れた足を丁寧にケアしてあげることでむくみを解消し、美しい足へと戻していきます。

 

むくみが気になるときは、ふくらはぎの血流が滞っている可能性があります。

オフィスに戻ったタイミングなどでハイヒールを脱ぎ、まずは足の指を広げるようにしましょう。

ハイヒールのデザインにもよりますが、通常女性用のハイヒールはつま先に向かって細いデザインになっており、女性は体重も足先で支えています。

 

そのため、ハイヒールを履いている間つま先に上手く血流が流れていないと感じる方も多いものです。

もちろん帰宅してからゆっくりと行うことも出来ますが、会社に戻ったタイミングで足の指を広げて足首を回すなどして血流を良くしてあげましょう。

 

帰宅後、むくみケアでマッサージをする場合はふくらはぎを中心にケアするようにしましょう。

ふくらはぎは第2の心臓と言われるほど、体中に血液を送る上で大切な機能を果たしています。

そのふくらはぎがむくみでぱんぱんになっているということは負荷がかかっていることを意味します。

 

ふくらはぎの負担を解消してあげるために、セルフリンパマッサージを取り入れる人も多いものです。

セリフリンパマッサージは、自分でも手軽に出来るので毎日のケアにおすすめです。

まずは足の指をしっかりと広げて足先から血流を良くしてあげるようにしましょう。

 

次に足首からひざの間までの部分をふくらはぎを中心にマッサージしていきます。

この時にリンパの流れを意識してあげることが重要です。血流を意識して下から上へと流してあげることをイメージしながらマッサージしましょう。

 

この時に血流が良い状態の方が効果が高いので、お風呂上がりなどで体温が上がっている時に行うと良いでしょう。

もし入浴が難しいようであれば、洗面器などにお湯を溜めて、足を温めまがらむくみを取っていくようにしましょう。

足のむくみは放置しておくと足が太くなっていってしまいます。こまめなケアが美脚の秘訣です。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る