ブログ

季節に合わせたシャツとネクタイ

季節に合わせた「シャツ」と「ネクタイ」について考えていきましょう。旦那様や彼氏さんへのプレゼントでシャツやネクタイを送る機会は多くあると思います。

 

150089_normal

まずは、春夏から。
春夏になると、ピンクや青といた爽やかなイメージのシャツが店頭に多く並びます。逆に茶色やグレーのシャツはあまりみないですね。そして、生地としてはオックスフォード、とくにロイヤルオックスフォードが人気です。そして8月の猛暑などは、ロイヤルオックスフォードでは暑くなり、ボイルを着る人もいます。
オックスフォードは通気性と吸収性に優れた生地です。ロイヤルオックスフォードになると、少しシワが付きやすくなりますが上品な記事で光沢があり、肌触りもよくなります。あのジェームズボンドもお気に入りのロイヤルオックスフォードですので、一枚持っておいて損はないと思います。

次に春夏用のネクタイについてなのですが、春はネクタイをつけていても夏になるとクールビズでノーネクタイの人が多いのではないでしょうか。しかし、ノーネクタイでスーツを着るより、どうせ着るならネクタイを付けたほうが格好がつきます。確かに猛暑の中ネクタイをつけていると暑苦しいヤツと思われてしまいますが、麻生地のネクタイなら涼し気に見えて問題ないでしょう。夏にスーツを羽織らない海外からみると、クールビスはスーツを羽織っているのに、ネクタイをしていない中途半端は姿。日本の社会規律で夏にもスーツを羽織らないといけないのであれば、ネクタイをした方がまとまりのある姿になるでしょう。


次に秋冬もののシャツについてですが、圧倒的女性人気の生地がフランネルです。フランネル生地の特徴は、保湿性が高いことです。また、コーデュロイなどと比べ着心地が軽いことも特徴です。スマートで知的な印象を与えることもできると思います。お洒落な男子は必ず、冬場に来ているイメージです。

冬場のネクタイに関してなのですが、ウールやコットン、カシミヤなどが一般的ですね。しかし、どれもキツく結ぶとシワになりやすいので気を付けたほうがいいでしょう。シャツとの合わせ方ですが、冬物シャツに万能なネクタイは緑系の色をしたネクタイです。冬によく着る暗めの色にも合いますし、クリスマス間際にはツリーを連想させることができます。シャツはネクタイがあって締ります。落ちがない話はつまらないと同じで、ちゃんと締めないと男の色気が出てきません。是非、素敵な一本を見つけましょう。

素敵なシャツネクタイで、旦那様や彼氏さんを格好良くしましょう!

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る