ブログ

小物を上手に使いましょう

コーディネートをバランス良くまとめ、且つ振る舞いに気を遣っているだけでは、街中で周りの人たちからおしゃれだと認識されるのは少ないと思います。

その理由は周りの人に埋もれてしまっているからです。

言い換えると、他の人と差別化できていないということです。

そこで、他の人との違いを見せることも、おしゃれ上手になるためのポイントの一つです。

では、どのようにすれば良いのでしょうか?

その解決策の一つに小物使いが挙げられます。

 

1464838062133409383

前回までの記事でご紹介した、おしゃれな人の共通点の1つとして挙げられるのが、小物使いの上手さです。

洋服はシンプルだし、決して高いブランド物などを着ているわけではないのに、なぜだかおしゃれに見える、そんな方をよく目にしませんか?

その方をよく観察してみてください。

細部にさりげなく主張している小物が目に入りませんか?

そうなんです。

おしゃれな人は、この小物の使い方が特徴的なのです。

そこで、今回は、おしゃれ初心者の方でも取り入れられる小物の使い方についてご紹介致します。

まず初心者の方におすすめなのは、小物の色を揃えるということです。

例えば、バッグや靴といったアイテムに差し色として明るい色などを持ってくる場合には、コーディネート全体がちぐはぐにならないように同系色で揃えるとおしゃれに見えます。

しかし、ここの色が揃っていないと全体のまとまりが欠けてしまい、せっかく頑張っているつもりでも乱雑なコーディネートに見えてしまいます。

そうならないためにも、取り入れる小物に統一感を出すことによって全体のコーディネートを締める役割だけでなく、他の人と差別化できる要因になります。

また、小物のレパートリーを多く持つこともおすすめです。

靴やバッグ、アクセサリーといった基本的なものに加えて、帽子やスカーフなどもあるとコーディネートのバリエーションが広がります。

 

14708803564404282181

レパートリーが少ないと、いつも同じようなコーディネートになってしまい、面白味に欠けてしまいます。

レパートリーを増やすことによって、ベースのコーディネートが同じでも違った雰囲気を作ることができます。

このように小物使いが上手な人はおしゃれに見えやすいですし、他の人との違いをしっかりと出せている人ですから、街中でおしゃれな人を見つけたらその小物使いをよく観察し、自分のコーディネートに取り入れてみると良いと思います。

是非とも明日から小物使いを意識して取り入れてみてください。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る