ブログ

日本におけるスーツの起源とは

 
あなたはスーツを年に何回着ますか?
サラリーマンの方や普段から仕事にスーツが必要という方だと、毎日着るという方も多いのではないでしょうか。
仕事でスーツを着ないとしても、改まった式などで年に1度はスーツを着るという方がほとんどでしょう。
 
今やビジネスの場では欠かせないスーツという服の種類ですが、このスーツの起源というのは一体どのようなものなのでしょうか。
 
今回は、スーツの起源、特に日本におけるスーツの始まりについてご紹介します。
 
 
まず、日本におけるスーツの始まりというのは、幕末末期から明治時代以降の軍服が起源となっています。
時代劇などでも、和服の侍などがいる中で、軍の上層部が髭を生やしてピシッとスーツを着ているのを見たことがある人もいることでしょう。
この時代は和装の人がまだたくさんいる時代で、スーツというのは物珍しい感じでもありました。
 
その後、大正時代になると、その着やすさなどから男性のスーツスタイルが一般化してきて、日本におけるスタンダードなファッションとなっていったのです。
このころのスーツは、大量生産するのではなく、ほとんどがオーダーメイド製品で一つ一つ職人が着る人の体型に合わせて作られたといわれています。
 
そして、戦後になると、産業発展や機械の発達などから、大量生産される時代になり、今ではほとんどの人が、オーダーメイドではなく、既製品を購入するという形になっています。
 
 
このように、日本ではスーツの発展が急激なスピードとなっていったことで、欧米などのマナーではなく、日本独自のスーツ文化というものが築きあげられました。
 
例えば、本来のマナーでは、時間帯によって、礼服を着替えるという習慣がありますが、日本ではそれが根付かず、夜の結婚式でもお昼と同じスーツを着るのがほとんどです。
また、フォーマルなスーツとして、就職活動や改まった場所には黒いスーツを着用するのが一般的ですが、欧米ではブラックスーツはお葬式用のものとされているといったような違いがあります。
 

601 


 
日本におけるスーツの普及の歴史、お分かりいただけたでしょうか。
スーツというのは、ファッションのなかでもあまり流行廃りがなく、変化がないものと思われがちですが、
歴史の流れのなかで、形や色だけでなく、柄や素材も少しずつ変化していっているのです。
その時代に合った新しい風を取り入れて、変化を遂げていっているスーツの歴史を頭の隅に置いておいてみていただけたらなと思います。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る