ブログ

日本の帽子の始まりとは


帽子というアイテムは、古くからファッションアイテムとしてだけでなく、頭を守るためなどの理由から、親しまれてきたものです。

もちろん昔の日本でも例外ではなく、歴史の授業で帽子をかぶった貴族などの絵を見たことがある人も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、日本における帽子の始まりについてご紹介します。

AC4459_01


まず、最も古い帽子の歴史というのは、埴輪の中に帽子をかぶっているものが発見されているというものです。

もちろんそれ以前にも、帽子の前身となるものがあったといわれていますが、
実際に形として残っているのは、埴輪なのです。


時はすぎ、奈良時代ごろになると、文明の発展が著しく、古事記や日本書紀などに、帽子の成り行きがしっかり示されています。

帽子というよりも、冠といった方が正しいのかもしれませんが、
聖徳太子が冠をかぶっていたという記載がされています。

ただ、これは、仏教の伝来とともに、中国からはいってきたものとされていて、
日本のオリジナルのものではないと言われています。


そして、奈良時代に官制が定められたことによって、漆紗冠と圭冠という冠ができて、圭冠というのが、発展し後の鳥帽子となりました。

この鳥帽子というのは、奈良時代から江戸時代まで庶民の間でかぶられ、時代劇などでもよく見かける帽子ではないでしょうか。

黒い紗や絹などで袋状に作った柔らかなもので、日常で使われていたものとなっています。



さらに、平安時代になると、この帽子というのが、身分を表すものとなっていきました。

身分の高い人の帽子は、刺繍を施したものなどとなっていて、垂凄冠(すいえいかん)と呼ばれていました。

一方、身分の低い人は、木綿のような布地を使ったものを身に着けていたといわれています。


その後の歴史としては、鎌倉時代、室町時代、戦国時代となっていき、
帽子は自分の身を守るため戦争の必需品となってきたのです。

また、この頃から、女性も帽子をかぶるようになり、女性用の帽子もできてきたといわれています。


江戸時代になると、帽子の種類はさらに増え、笠は男女に広く使われていたが、頭巾が男性の被り物、帽子は女性の被り物として発達しました。



日本における帽子の始まり、お分かりいただけたでしょうか。

このように、昔は、階級をしっかりと区分するために使われていたり、
戦争などで身を守るために使われるものだったのです。

今ではファッションアイテムとして主に使われる帽子ですが、
その歴史は大変古いということを少しでも知っていただけたらなと思います。


  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る