ブログ

知ってほしいあのブランドの歴史!! Supremeの歴史とは!!

Supremeはニューヨークのマンハッタンに店を構えるジェームス・ジョビアの手によって1994年に創設されました。

彼は独自のスケートシーンの文化と自分が良いと思うショップが当時見当たらないと考えていたことから、自らがショップを立ち上げることになります。

 

Supremeは元はスケーターブランドなのです。

ただし、暗い雰囲気で雑多な印象がある他のショップとは一線を画しており、高級感あふれる高い天井と一面真っ白な壁の内装が施されていました。

 

オープン当初は様々なブランドを取り扱っていましたが、その中にあったのがジェームス・ジョビアの手がけるSupremeのオリジナルTシャツです。

反響が良かったため徐々にTシャツ以外のものも増やしていきました。

シンプルで誰も思いつかない発想を大切にし、自分が着たいと思うものしか作らないと豪語する彼の信念は多く人に受け入れられるようになります。

 

知名度を一気に押し上げ転機となったのが、ケイト・モスを起用してカルバン・クラインの広告に自らのロゴを貼り付けるという大胆なプロモーションです。

この派手なパフォーマンスは直後に抗議を受けることになります。

 

しかし、その後もステッカーをニューヨークの街中に貼り付けたり、ルイ・ヴィトンや各団体のデザインを模したりとあらゆる抗議を受けながらもSupremeの躍進は止まりません。

どこか社会へのアンチテーゼを含む価値観が、ストリートの若者にマッチしたのです。

 

赤い背景に白いフォントがあしらわれたロゴは、アメリカの女性アーティストバーバラ・クルーガーの有名な作品をパロディーとして用いたものです。

両者のフォントは共にFuturaを使用しています。

 

このBOXロゴはTシャツから始まりパーカーやリュック、帽子などにも起用され、ブランドを象徴するものとなっています。

ただ、デザインは年代ごとに微妙に変更が加えられ、生産拠点も異なるためプレミア価格で取り引きされることもあるほどです。

 

ニューヨークで名をはせたSupremeですが、日本では1998年6月に第一号店として代官山にオープンします。

それまでは渋谷や原宿の各セレクトショップで取り扱われていましたが、洗濯するとすぐにダメになるプリント、デザインが飲料メーカーに類似している、読み方が分からないなどすぐに受け入れられていたわけではありません。

 

その後は正規代理店を迎えることで本格的な販売が開始され、PR活動が積極的に行われるようになります。

当時絶大な支持を得ていた裏原系ブランドのディレクターに着てもらったり、雑誌で毎号特集を組んだりするなど現在の日本での地位を確立することになります。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る