ブログ

知ってほしい傘の歴史!! 和傘の歴史とは!!

和傘の歴史は古く、平安時代前後に仏教やお茶、漢字など同じく中国より伝来されたと言われています。

平安時代の絵巻物に和傘が登場しますが、現在のような形状ではありません。

蓋や笠のようで天蓋や覆い状のような形でした。

雨具ではなく貴人に差しかけ日除けや魔除けなどとして使用されていたり、権威の象徴としても利用されます。

 

鎌倉時代の絵巻物にも貴族が大きなカサを使用している絵があります。

この時代まだカサは開いたままで今のように閉じることができません。

 

和傘が閉じることができるようになるのは安土桃山時代になります。

広く一般に使用されるのは江戸時代中期頃で、雨傘は江戸時代からスタートしました。

 

以前は庶民の雨具と言うと菅笠(すげがさ)や簑(みの)です。

江戸の浮世絵師も雨傘を描いていて、激しく降る夕立の中カサに身をすぼめて急ぐ人の姿が描かれています。

美人画にもカサを持っている人の姿が多くあり、当時から既に生活必需品として普及されていたことが分かるでしょう。

 

映画やテレビ時代劇には浪人が傘張りの仕事をしているシーンがよく見られますが、江戸時代中期頃藩の財政が苦しくなると、実際下級武士の中にはカサの内職をし藩政を助けていたという資料があります。

和傘は長い歴史の中でさまざまな改良を繰り返しながら伝統的な文化や芸能などと結びつき、日本を代表する工芸品と進化しました。

 

和傘のことを唐傘と呼ぶこともありいくつか説があります。中国・唐のカサという言われもありますが、現在有力視されている説は開きっぱなしだったカサがカラクリのように自由に開閉できることに驚いて、まるでカラクリ傘のようから「からかさ」と呼ぶようになったという話があります。

 

現在カサが開閉できるのは当たり前ですが、実はシンプル且つ高度な構造で和傘ほど複雑に変わる機構を持っているアイテムはあまりありません。

和傘は日常品としてはもちろんアクセントになるファッションの重要な小道具で、美しさも兼ね備えていてさまざまなデザインなどを凝らしています。

 

江戸時代の美人画にはいろいろ着飾った人がおしゃれな和傘を持っている様子が見られます。

和傘は日本舞踊や歌舞伎・茶道などにも取り入れられていて、伝統美を付け加えて独自の進化を遂げました。

他の国にはあまりない非常に豊かで繊細な芸術として日本固有の文化とも言える土壌を作っています。

 

着物を着た時にさりげなく手にしたり、さまざまなシーンに溶け込むことができ粋な雰囲気を演出することが可能です。

インテリアとして利用している人もいて、幅広い用途が期待されます。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る