ブログ

秋の紫外線対策!日傘は黒がいい?白がいい?

みなさんこんにちは!

夏の猛暑もひと段落ついてきて、少し秋めいてくる時期となってきましたがみなさんはいかがお過ごしでしょうか?
女性のみなさんにとってこの季節でも油断大敵なのが「紫外線」。晴れている日には、まだまだ強い太陽光が照りつけ、お肌も心配になってしまうかと思います。
そんな時に重宝するのが「日傘」です。当社では様々なブランド日傘を販売しておりますが、その種類は様々です。今回は、そのような中でも日傘は黒色がいいのか白色がいいのか、という点に焦点を当ててお話をしたいと思います!
「これからの季節に向けて、日傘を買い直そうかな。」なんてお考えの方はぜひお見逃しなくご覧ください!


■それぞれの色の特徴とは?
それではまず、黒と白の色が持つ特徴や性質を見ていきましょう!

①黒色
黒色というのは、光を集めて熱くなってしまう、というイメージがあるのではないでしょうか?
それは正解です。黒色は紫外線や赤外線を吸収しやすい色であるために、そのような熱を持つのです。
では、なぜそのような色が日傘に使われるのでしょうか?
それは「光を集めた後に吸収して紫外線をカットできるから」という理由と、「照り返しの紫外線を内側で吸収して防ぐことができるから。」という理由の二つです。

また、真夏では少し「暑そうに見えるな。」という黒色も今の時期でしたらそのように感じることも少なく、逆に「高級感」や「セレブ感」があり、役に立つことも多いのではないでしょうか。ぜひ、サイト内でお好みの日傘を探してみてください!


②白色
一方の白色です。
白色は黒色とは対照的に紫外線や赤外線を反射します。ですので、日傘として上にこの色があれば、太陽光を跳ね返すことができるということですね。

また、「見た目が涼しげ。」というのも大きなアピールポイントです。明るく清楚なイメージがあるのも素晴らしいですよね。

しかし、照り返しに弱いという弱点もあります。なぜなら、地上から跳ね返ってきた紫外線が内側の白色に反射して、顔や体の方に跳ね返ってくるからです。

そのようなことを考慮して、外側は白色、内側は黒色なんていうハイブリッド型の日傘も最近は出てきています。もし、照り返しがきになるという方は、このような色の日傘を探してみてください!


いかがでしたか?
黒と白の日傘の特徴の違いを知ることで、日傘選びの参考になりそうでしょうか。このような色の違いの他にも、材質の違いや性能の違い、見た目の違いなど日傘を選ぶポイントはいくつかあります。
ぜひ、様々な種類をご参照の上、当社のWebページの中で一番お好みの日傘を選んでみてください!

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る