ブログ

自分に似合う色とは?

毎年様々なファッショントレンドがあります。

その中には、自分にはどれが似合うのかどうかがわからないということが多くありませんか?

街を歩いていても、その人とマッチしたコーディネートを着こなしている方を見ると羨ましく思ってしまいますよね。

 

2753924_DETAIL

そんな中で、自分を見てみると、少し違うかなって思ってしまうのではないでしょうか。

その解決策の一つとして、色選びが重要になります。

例えば、顔色が冴えない、サイズの合った洋服を着てもなんとなく垢抜けない感じがする方は、パーソナルカラーをチェックしてみるといいでしょう。

パーソナルカラーとは、人が持って生まれた肌、目、髪の色と調和し、その人の個性を活かし、魅力を最大限に活かす色のことを言います。

このパーソナルカラーはタイプが存在し、大まかにブルーベースとイエローベースによって分けられます。

更に色調や明度、彩度から分類して、それぞれのカラーグループに季節をイメージして4つに分類されます。

具体的に「スプリングタイプ」、「サマータイプ」、「オータムタイプ」、「ウィンタータイプ」のタイプです。

基本的に黄みが強い肌には、イエローベースの春と秋グループの色が似合います。

具体的な色としては、黄色の場合は「たまご色」、「バナナ色」、「マスタード色」、「オレンジ色」で、青色の場合は「ターコイズブルー」、緑色は「抹茶色」、「黄緑色」、赤色は、「巫女の袴の色」や「レンガ色」です。

対して、青みが強い肌は、ブルーベースの夏と冬に分類される色が似合います。

具体的な色としては、黄色の場合「レモンやグレープフルーツなどの柑橘系を思わせる黄色」で、青色の場合「ロイヤルブルー」や「空色」、緑の場合は「深緑」や「ミントグリーン」で、赤色の場合は「薔薇のような深い赤」や「いちごミルクのようなピンク色」です。

傾向としては、色味が優しく穏やかなものが春と夏で、強めではっきりしているのが秋と冬になります。

 

2807368_DETAIL

顔の近くにカラーグループの布を当てて、顔色がよく見えたり、顔立ちがはっきりとしていきいきとした様子に見えたりする色が、その人に合ったカラーとなります。

自分に合ったカラーグループの色を選ぶようにすると、よりおしゃれに見えるため、自信をもって洋服を着こなすことができます。

パーソナルカラーチェックをしてみるには、自分の好きな色だから似合うはずという固定観念は持たないようにするといいでしょう。

カラーの専門家に見てもらうことをおすすめします。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る