ブログ

長財布と二つ折り財布のメリット・デメリット

財布というのは生活に欠かせないものですし、こだわりたいものではないでしょうか。
生活に密接で、ある程度の期間使うものですし、人の目に触れることの多い財布は、気に入ったものを選びたいですよね。
そんな財布を選ぶ際、多くの人が直面する問題の一つとして、
「長財布と二つ折り財布どちらにするか」というものがあるかと思います。
そこで今回は、長財布と二つ折り財布のメリット・デメリットについてお話します。
ぜひ最後までご覧になってくださいね。

・長財布
まずは長財布のメリットから見ていきましょう。

⑴お札や小銭の出し入れがスムーズ
二つ折り財布に比べて、ゆとりのある長財布はお金の出し入れがスムーズだといえます。
「会計の際に手間取るのが嫌だ」という方にはこの長財布がおすすめかと思います。

⑵お札を曲げなくてすむ
長財布にすることで、お札を曲げなくてすむというのもメリットでしょう。
お札を折り曲げないで収納できると見た目にもキレイですし、気持ちいいですよね。
実際に、女性の方はこの理由から長財布を選ぶ方も多いようです。

ではデメリットはどうでしょう。
長財布のデメリットは小さいバッグでは入らない場合があるということだといえます。
女性は小さいバッグを持つことも多いと思いますし、ここはしっかり検討しておきましょうね。

・二つ折り財布
二つ折り財布における最大の魅力は、やはりポケットに収まるサイズ感でしょう。
荷物は極力少なくしたいという方にはぴったりですよね。
少し出かける際にもポケットに軽く入れることができます。

一方で、傷つきやすいというデメリットもあるといえます。
お金の出し入れをする際、長財布とは異なり、二つ折り財布は必ず財布の革を曲げることになりますよね。
大きなダメージではないですが、小さな負担を財布にかけているとはいえるでしょう。
二つ折り財布を選ぶ際には、この点をしっかり理解しておくことをおすすめします。

いかがでしたでしょうか。
長財布と二つ折り財布、双方のメリット・デメリットをご理解いただけたでしょうか。
こうお話しすると、「結局どっちがいいの?」とお思いになる方もいらっしゃるかもしれませんが、
それは個々人によって異なるかと思います。
用途であったり、どこに重点を置くか、好みのファッションに合うか、ライフスタイルなどにあわせて選ぶのがいいでしょう。
ご自身なあった財布のタイプを選び、ぜひ後悔の無いようにしてくださいね。
この記事が参考になれば幸いです。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る