ブログ

麻素材の活用方法とは

 
 
みなさん、麻素材の魅力をご存知ですか?
 
夏場活躍する素材として、麻の素材が挙げられます。
 
麻素材というのは、吸湿性に優れて汗を吸収しやすく、こしが強いことから、汗でべたつかないという特徴も兼ね備えていて、夏場にはもってこいの素材となっています。
 
今回は、そんな麻の魅力を生かした、麻素材の活用方法についてご紹介します。

 

麻
 
 
まず、麻素材の活用として一番にあげられるのが、麻のシャツです。
初めにも少しご説明した通り、麻は吸水性に優れ、繊維にこしが強いことから肌に張り付くことがなく、シャツにすると汗をかいてもべたつかず、快適に過ごすことができます。
 
麻100%のシャツだと、しわがついてしまいますが、カジュアルなもの用であれば、このよれている感じがオシャレな雰囲気があるので、アイロンをかけずにも着ることができます。
 
ただ、アイロンをかけても少し時間がたつと、しわがよってしまうので、
ビジネス用にするには、少しカジュアルすぎるイメージもあるので、ビジネス用には麻と綿の混紡素材を選ぶのが良いでしょう。
 
 
 
次に麻のジャケットというのが麻の活用方法としてあげられます。
これは、特にシャツを麻素材のものにしたときに、活用してほしいものでもあります。
 
やはり麻素材を使うときには色使いだけでなく、素材感を揃えることがオシャレのポイントとなるので、麻素材のシャツを着た時には、麻素材のジャケット、もしくはあまりツルツルしていないジャケットを持ってくるのが良いでしょう。
 
シャツと同じく、麻感が出すぎてしまうと、カジュアルな感じになってしまうので、ビジネスに使うのであれば、混紡ジャケットを選んでみてください。
 
 
さらに、シャツとジャケットが麻素材、もしくは麻の混紡素材ときたら、ネクタイも麻素材にすることでさらに涼しげに見えます。
 
小物も涼しげな感じにこだわるのであれば、麻素材のポケットチーフなどを活用するのも一つのポイントです。
 
これらの小物を合わせるときのポイントとしては、シャツの色が淡い場合は、ネクタイに濃い色をもってきてアクセントとし、シャツとポケットチーフの色を合わせることで、まとまった感じも出せます。
 
 
 
このように、麻素材というのは、その素材感から、着ている分にも涼しいですし、
外見も涼しげに見えるという効果があります。
 
さらに、麻素材だけでなく、麻を含んだ混紡素材を活用することで、涼しげな中でもビジネス用としても使える絶妙な着合わせができることでしょう。
 
色味などもできるだけ爽やかなものを選んで、麻を活用した服を着てみてはいかがでしょうか。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る