ブログ

COACHの歴史

COACHはアメリカのマンハッタンのロフトでマイルス・カーン、リリアン・カーン夫妻が友人らと共に家族経営の攻防として1941年に創立したのが始まりです。
この頃社名はCOACHではなくゲイルでした。

 

114


その後、1961年にアメリカ開拓の象徴である馬車にちなんで「COACH」という社名に変更しました。
野球のグローブを参考にして革の美しさや丈夫さを活かし、第一号バッグが60年代初期に誕生しました。
職人の手作業によって作られた、化学薬品でコーティングされていない天然皮革のバッグは、耐久性、機能性に優れ、瞬く間に人気となりました。

 

そして、女性用の手作りのレザー・アクセサリーの新事業を進めるために1962年にボニー・カシンにデザインを依頼しました。
ボニー・カシンは映画「王様と私」の衣装やIBMのユニフォームをデザインした人物でもあります。
彼女はCOACHのために、買い物袋から発案したカジュアルバッグ「カシン・キャリー」を発表しました。
さらには「バゲット・バッグ」や「ダッフル・サック」もヒットしました。

 

クリップ式の金具や「ドッグ・リーシュ」の金具も彼女の発案です。
様々なヒット商品をこの世に送り出す中で、COACHは上品で飽きの来ないデザインというブランドイメージを確立することに成功しました。

 

1976年に初の海外進出を果たし、日本への進出は1988年に三越との提携により同年9月に横浜三越、日本橋三越店がオープンしたことで果たされました。
1996年にはトミー・ヒルフィガーでデザインやマーケティングを担当していたリード・クラッコフを迎え入れ、実用性のみならずファッション性も強化しました。

 

商品デザインやブランドイメージの統一を図り、COACHをライフスタイル・アクセサリー・ブランドへと発展させたのです。
1998年にはネオ・コレクションを発表しました。

 

高品質レザーに代わる、実用的で体になじむような新素材をデザイン、開発しました。
同年9月には、スイスの高級時計メーカーのモバード・グループとライセンス契約してウォッチ・コレクションを発売しました。

 

2001年には、ロゴ模様のモノグラムデザインであるシグネチャー・コレクションを発表しました。
これは財布などの小物からボストンバッグまで幅広くあり、カラーもバリエーションが豊かで、最も注目を集めるシリーズとなりました。
COACHは名実ともにアメリカのトップデザイナーブランドへと変貌をとげたのです。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る