ブログ

GUCCIの歴史

みなさん、こんにちは。
GUCCIはご存知ですよね?

あまり、イメージが湧かない人も多いかもしれませんが、どうでしょうか。
イメージが湧く人にとっては、洗練された最高品質のデザインというイメージをお持ちのことだと思います。

 

そんなGUCCIですが、実はかなり歴史のあるブランドなのです。

始まりはなんと約100年前にもさかのぼります。
今回は、そんな長い伝統をもつGUCCIの歴史についてご紹介したいと思います。

 

まず、GUCCIは、「最上の伝統を最上の品質で、しかも過去のよいものを現代に反映させる商品作り」をコンセプトにしています。
そして、世界で初めて品質保証のために、ブランドにデザイナーの名前をいれました。

 

初めはファッション業界の中の一つのブランドとして、設立されたGUCCIですが、いまでは様々なブランドを含む大きなGUCCIグループにまで成長した。

そんなGUCCIの創業者、グッチオ・グッチは1881年にイタリアのフィレンツェに生まれました。

 

父親のガブリエロ・グッチは麦わら帽子を製造する零細企業の社長でした。

しかし、グッチオ・グッチはそれを引き継ぐことをこばみ、ロンドンでひと旗あげて、成功することを夢見て、ロンドンに移住しました。
そこでは、最下級の労働者であったものの、最高級のホテルで働くことになります。

 

その後、ホテルのウェイターとして働く中で、王侯貴族がどのように振る舞うのか、どういった嗜好があるのかを、注意深く観察して、自分の知識として吸収していったのです。

その後、徴兵などを経て、1921年にフィレンツェでイギリスからの輸入カバンの販売や修理を手がける小さなショップをはじめます。

 

グッチオはこのカバンの修理などを通して、カバンの壊れやすい箇所や作り方について研究してその理解を深めていきました。
そして、ついに1923年にGUCCIの店名を掲げたお店をオープンしたのです。

 

オープンから数年も経たないうちにGUCCIのその斬新なスタイルは人気が爆発して、世界各国からGUCCIを求める人が絶えなくなりました。
その後、第二次世界大戦下の厳しい状況であっても、皮革製品以外の様々な製品も発表してはヒットさせてその人気を確固たるものにしていったのです。

そして、ミラノ、ニューヨークにもショップを開業するまで成長しますが、1953年にグッチオは亡くなりました。

 

しかし、彼の息子たちが経営を受け継ぎ、成功させていきました。1970年代には日本をはじめとする極東への進出も果たします。

そうやってうまくいっているようでしたが、80年代に入ると息子たちの親族間での運営を巡った争いが起きてしまい、GUCCIの勢いは一気に弱くなります。

 

最終的に、五男ルドルフォの息子が実権を握ったのですが、結局彼もマフィアの手により暗殺されてしまいます。

このとき、すでにGUCCIの株式をグッチオの親族は彼以外持っていなかったので、彼が亡くなったことで、親族の実権がなくなってしまいました。
そのために、外部の会社の者が実権を握りました。

 

その後、様々な経営者が成功させていき、今のGUCCIのような栄光が戻ったのです。

今では、ハリウッドスターも御用達となりました。

そんな高級ブランドのGUCCIですが、そこに至るには長く壮絶な歴史があったのですね。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る