ブログ

GUCCIの歴史


前回に引き続き、今回ご紹介するファッションブランドは「GUCCI」です。
GUCCIの歴史を中心に、特徴や事業展開について考えていきましょう。

 

147

では、GUCCIの起源というものを皆さんはご存知でしょうか?
GUCCIの創立者は、グッチオ・グッチで、創立者の名前から、そのまま名付けられたものです。
グッチオ・グッチは20世紀初頭、サヴォイホテルで働いていました。この時に、上流階級の人々の対応をしながら品の良さを吸収し、その後の貿易やマネジメント、革の選別方法を学んで、1921年には、イタリアのフィレンツェに自分の店を構えたのです。
GUCCIの起源は、創立者のグッチがホテルで働いていたことが、きっかけになっていたことを知らない人も多いのではないでしょうか。

さらに歴史を辿ると、GUCCIは、世界で初めてデザイナーの名前を入れて商品を販売した、老舗のブランドとしても知られており、商品のデザインの良さや品質に留まらず、歴史に注目しても大きな魅力があります。
だから私たちは自然と、GUCCIに惹かれているのかもしれませんね。

次に、具体的にGUCCIの1つ1つの商品に着目していきましょう。
GUCCIの名前を聞いて、すぐに思い浮かぶのは「財布」ですよね。
GUCCIの財布は手の届くところにある価格設定のため、自分用に留まらず、プレゼント用としても人気を集めています。

また、価格だけの魅力だけでなく、素材にも惹かれるものがあるのです。
その秘密は「カーフ」と呼ばれる革にあったのをご存知でしょうか?
手に馴染みやすいだけでなく、上品な色合いを出しているのが大人の女性を惹きつけているのでしょうね。


財布ではなく、「バック」が思い浮かんだ方もいらっしゃるでしょう。
GUCCIのバックの強みは、シンプルなデザインで日常的に使えるものから、多彩な柄でパーティーに使えるものまで、素材やデザインのバリエーションが豊富であることではないでしょうか?

さらに、GUCCIのバックは見た目だけでなく、機能性や収納力にも富んでいるため、女性からの支持が抜群に高いです。

「なぜ昔からあるGUCCIが、今もなお人気となっているのか」
このような疑問を抱かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
それは毎年、いや常にトレンドを商品にも取り入れており、その時々の時代背景や場所に敏感なため、世の人々、特に女性からの人気が今もなお高いものなっているのです。

いかがでしたでしょうか?
「なぜGUCCIに惹かれるものがあるのだろう?」という疑問の解決への手引きとなれれば嬉しいです。

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る