ブログ

kate spadeの歴史

かわいいデザインが目をひくkate spade (ケイト・スぺード)は、非常に人気の高いブランドですよね。
kate spadeのものを持っている・目にしたことがあるという方はきっと多いことでしょう。
しかし、そのブランドの歴史を知っているという方はきっと少数派かと思います。
そこで今回は、かわいいの詰まったブランドである、「kate spadeの歴史」についてお話ししたいと思います。
ぜひ最後までご覧になってくださいね。

 

166


・始まり
キャサリン(ケイト)・ノエル・ブロスナンは雑誌のアクセサリー担当の編集者として働いていました。
当時のファッション業界に洗練されたバッグがないと嘆くケイトに、恋人のアンディが「バッグの会社を始めたらどう?」
といったのがすべての始まり。
その言葉からケイトはブランド設立を決意するのです。
アンディは夫かつビジネスパートナーとしてサポートをすることになります。
ケイトは91年に退社し、93年にはバッグのブランドkate spade (ケイト・スぺード)をスタートさせます。

・デザイン
ファッション誌での経験があったケイトは女性がどのようなバッグを求めているのかよく理解していたといいます。
そのシンプルかつ女性のハートをつかむデザイン、さらに実用的なkate spadeのバッグは、瞬く間に人気となります。
96年にはニューヨークに初のショップをオープン、
さらに98年にはロスやボストンにもショップを開くことになるのです。
ついには同年、CFDAのアクセサリーデザイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞。
また、その人気とともに、様々なジャンルに進出していくのです。

・買収と辞任
2006年11月、リズ・クレイボーン社がkate spade を買収します。
契約時は残留を示していた二人も、2008年7月に辞任をすることを発表したのです。
その際のコメントとして、家族と共に過ごす時間を優先したい旨を話すあたりに、
kate spadeらしさを感じることもできますよね。

いかがでしたでしょうか。
お気に入りのブランドも、バッグも、その背景を知ることで今までより一層愛しく思えるのではないでしょうか。
女性のハートを捉えてやまないデザイン性と、女性を想った使い勝手のよさ。
kate spadeはまさに女性の「うれしい」がつまったブランドだといえるでしょう。
ご覧になったことがないという方は、ぜひこの機会に一度ご覧になってみてくださいね。
この記事が参考になれば幸いです。











  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る