取り扱いブランド一覧

ALEN2 アレン・ツー

125

1994年に創業されたイタリア・ナポリのベルトメーカー。各世代のデザイナー、職人によってトレンドを意識したデザインを構築することで、また一味違ったレザーベルトを作り上げ、多くの方々を魅了させています。


世界を意識した物作りも、このブランドが評価されているポイントの一つ。現在ではイタリア、ヨーロッパはもちろん、アメリカや日本をはじめとする世界各国に輸出しており、高い支持を獲得しています。

ANTEPRIMA アンテプリマ

1Fベース  コピー

ブランド名は「デビュー前」という意味で、コンセプトは「“Simple & Sophisticated…yet Sexy:大人の女性の遊び心を深く追求」
1998年、現在でも人気のワイヤーバッグを発表。これまで200以上のスタイル、50以上のカラーのものを発表してきました。

ワイヤーバッグはブランドのシグネチャーとも言えるバッグで、「いつまでもかわいく、笑っていたい。そして輝いていたい…」そう願う女性へ提案され、きらきらと光るワイヤーバッグの上品な輝きは、多くの共感と支持を集めました。

ANYA HINDMARCH アニヤ・ハインドマーチ

105

アニヤ ハインドマーチのコレクションは、シックなものからデザイン性のあるものと幅広く揃える「メイン・ライン」、高級感があり小回りが利く「イヴニングバッグ」、高級感あるクラシカルな「Bespoke Ebury」ライン、その他、財布などの「スモール・レザー・グッズ」、「ラゲッジ」、「シューズ」、「ウェア(衣服)」で構成されています。

2001年、ブリティッシュ・カウンシルより「ベスト・ブリティッシュ・アクセサリー・デザイナー・オブ・ジ・イヤー」を受賞しました。

ARMANI アルマーニ

123

ジョルジオ アルマーニはイタリアのファッションブランド。アパレル、アクセサリーのほか、インテリア家具、化粧品、リゾートホテル、レストランと幅広く展開しています。
アルマーニは「ジャケットの帝王」等と呼ばれて、モード界の最先端に位し、完璧主義者として有名で、「マエストロ・ディ・マエストロ」(巨匠中の巨匠)と呼ばれています。
独自の荘厳なスタンスを展開し、数々の映画に衣装提供し、アカデミー賞ではジュリアロバーツ、ミラ・ソルヴィーノ、リチャード・ギア等、多くの俳優がアルマーニの服を着用しました。

BACCARAT バカラ

119

バカラはいつの時代もフランスを代表するブランドとして、人々の生活を彩ってきました。バカラのある時間や空間は、それだけで特別なものとなり、しつらえたテーブル、活けた季節の花、窓辺に置いたオーナメントは創造性豊かなアートとなります。


「時間と空間に美意識を込め、日々を輝かせる工夫にあふれている」それはフランス流アール・ドゥ・ヴィーヴル(生活美学)という言葉に象徴されています。

BALENCIAGA バレンシアガ

133

バレンシアガはフランスのラグジュアリーブランド。ウェアからシューズ、バッグなどアクセサリーまでトータルで展開しています。

30年代には、クリスチャン ディオールの「ニュールック」の前身ともいえるスタイル、ウエストシェイプされたワイドスカートのスーツを発表。40年代から50年代にかけては、四角い肩に狭めたウエストラインの服や、ウエストラインを持たない「バレル・ルック」、シンプリシティを追求した「サック・ドレス」などを発表しました。

BALLY バリー

120

1851年、スイスのシエネレベルトでカール・フランツ・バリーが創業。
70年代には、アメリカやイギリスの最新の技術を取り入れ、製造工程の効率化に成功。効率的な生産のみならず、素材の品質と、洗練されたデザインでバリーの靴は、高級品として取り扱われました。

1981年にはロンドンに進出、ショップを構え、その後フランス、ドイツなどヨーロッパ各地に進出。この頃には年間で200万足を生産するまでに成長しました。

BOTTEGA VENETA ボッテガヴェネタ

134

ボッテガ ヴェネタはイタリアのファッションブランド。イタリア・ヴェネト地方の熟練した革職人の伝統、クラフトマンシップに深く根ざした最高品質のアイテム展開。バッグ、小物、アクセサリーなど高級皮製品を中心に、ウェアまでトータルで展開しています。


ボッテガ(工房)の名の通り手作業による靴作りを行い、滑らかなめし革の革紐を用いた編みこみバッグ「intrecciato」や茶と黒の生地を合わせたマルコ・ポーロのシリーズ、ポインテッド・ ヒールが有名です。

BURBERRY バーバリー

121

バーバリーはイギリスのラグジュアリーブランド。ブランドの代名詞でもあるトレンチコートを中心に、ウェア、アクセサリー、コスメなど幅広く展開しています。
伝説的な映画カサブランカにてハンフリー・ボガードがトレンチコートを着たことでブランドとしての世界的な人気がブレイク。その他、バーバリーのコートは、コナン・ドイル、イギリスの戦時中の首相だったウインストン・チャーチル、アメリカの元大統領のジョージ・ブッシュ、アメリカの伝説的な女優キャサリン・ヘプバーンなど数々の著名人やセレブリティ着用しました。

BVLGARI ブルガリ

122

70年代にはパリ、ニューヨーク、ジュネーブなどに出店。1977年、時計のライン「ブルガリ・ブルガリ」を発表。これは今でもブルガリの人気商品となっています。

90年代には、香水、磁器を素材にしたジュエリー、アイウェア、スカーフコレクション、レザーコレクション、ホームデザインを次々と発表。
スイスにブルガリ・パルファム社を設立して香水の業界に本格的に進出し、93年「オ・パフメ」、94年には「ブルガリ」を発売しました。

CADINI カディーニ

126

カディーニは、日常的な人のための「トータルルック」を完璧に生産している、アパレルブランドです。
1983年に設立以来、品質と伝統的なイタリアンスタイルで賞賛を受け、メンズウェア分野のブランドとして大きな信頼を示しています。

カディーニは、時代を超越したエレガントなメンズウェアとして革新的に歩んできました。

CALVIN KLEIN カルバン・クライン

110

カルバン・クラインはアメリカのファッションブランド。アパレルを中心にアクセサリー、アンダーウェア、フレグランスなどを展開しています。


アメリカントラディショナルをベースにした機能的でマスキュリンなシンプルデザインが特徴で「全てはカッティングから始まる」という言葉通り、ボディラインを強調した洗練されたシルエットがニューヨークのキャリアウーマンに受け、「働く女性」の普及の流れに乗るような形で成功しました。

CARTIER カルティエ

111

カルティエはフランスのジュエリーブランド。ハリー ウィンストン、ティファニー、ブルガリ、ヴァン クリーフ&アーペルと並んで「世界5大ジュエラー」と呼ばれることもあります。
1906年、抽象的、幾何学デザインの「アール・デコ」ジュエリーを試作。初の量産型腕時計、ブレスレッドウォッチ「トノー」を製作。1908年、ルイがパリのオークションで買い上げたブルーダイヤモンド「ホープ」をピエール・カルティエが販売。「C」を組み合わせたロゴマークが誕生しました。

CATH KIDSON キャスキッドソン

112

伝統的な英国カントリースタイルをアレンジしたユニークなアイテムが人気となり、徐々にオリジナルのプリントやデザインが増えていきました。

かわいらしいデザインで機能性も兼ね備えたキッチン用品やバッグも人気で、世界中の女性から愛されており、ホームウェア、ウィメンズウェア、アクセサリー等幅広く展開しています。

2008年にはキッズラインもスタート。

CÉLINE セリーヌ

128

1945年、女性実業家セリーヌ・ヴィピアナが夫、リチャードとともに開いた皮革の子供靴専門店がその発祥。顧客の増加とともにアイテムも増加してゆき、59年にレディースの靴、65年に香水とスカーフ66年にハンドバックを始めます。
ハンドバックをはじめた60年代後半に馬車の柄とバックルのバック「サルキー」や馬具金具をモチーフにしたモカシンが大ヒット。人気ブランドにまで上り詰めました。

CHANEL シャネル

115

シャネルの打ち出すファッションは、モノトーンな色が中心ですが、それは修道院で黒などべーシックな服を着用していたからと言われています。ちなみに修道院の規律正しい生活の中で、シャネルはお針子としての技術を身につけています。

1905年、踊り子(歌手)を目指しキャバレーで歌う仕事に就きます。
美しさも兼ね備えたシャネルは、店の人気者となり、ミドルネーム、ココと呼ばれて親しまれ、これがココ・シャネル(CC)の由来で、有名なモノグラムに繋がります。

CHLOÉ クロエ

113

クロエはフランスの人気ラグジュアリーブランド。

高級生地を使用した既製服「ラグジュアリープレタポルテ」を最初に提案したファッションメゾンと言われています。
現在はウィメンズウェア、バッグを中心としたアクセサリーから香水などまでトータルで展開しています。

CHRISTIAN LOUBOUTIN クリスチャンルブタン

127

クリスチャン ルブタンはファッションのインスピレーションの一つに「オリエント」の文化を上げています。ウズベギスタンからヨルダンまで旅をし、そこでの中東の文化には大きく影響を受けたと語っています。

エレガントでセクシー、その洗練されたデザインは数多くの有名女優を魅了し、顧客は二コール・キッドマン、カトリーヌ・ドヌーブ、キルステン・ダンスト、キャメロン・ディアス、アンジェリーナ・ジョリーなど数知れません。

COACH コーチ

114

コーチはアメリカのファッションブランド。社名の頭文字であるCのモノグラム柄のハンドバッグなどが有名です。日本での人気商品はバッグ、財布、キーホルダー、時計など。近年はウェアも人気があります。

コーチのバッグは丈夫で長持ちすることで有名で、あまりにひどい使用でなければ、一般的に15年は使用でき、数十年前のデザインのものが未だに使用されているというケースはそれほど珍しくはありません。

D&G ディー&ジー

118

D&G(ディー&ジー)は1994年に発表されたドルチェ&ガッバーナのセカンドライン。
D&Gのロゴを取り入れたデザインが有名でTシャツなど様々なアイテムに組みこんでいます。

「自由の肯定形。偽りのない表現に、かつてになく都会的な感性が加えられ、型にとらわれずそこから脱却した洗練のスタイル。」がコンセプト。

DE COUTURE ドクチュール

132

ドクチュールは、オリジナリティーをキープしながらも常に一歩先を行く、流行に左右されないコレクションを提案し続けているブランド。

イタリアのマルケ州においてすべて職人によるハンドメイドで、しっかりした作りの中にも大人の女性らしい要素が巧みに組み込まれており、クラッシックとトレンドが見事に融合し、自社アトリエにて手作業で実現されるチェーンは上質なレザーとの絶妙なバランスを生み出しています。

DIESEL ディーゼル

131

ディーゼルはイタリアのプレミアム・カジュアル・ブランド。「DIESEL」という名前は、世界中で同じように発音されて覚えやすく、当時新たなエネルギーとして注目されていたディーゼル燃料のように世間を活気づけたいという思いからつけられました。

84年、キッズライン“DIESELITO”誕生、89年、レディースラインが誕生、94年、プレミアム・ストリートウェア・ブランド「55DSL」が誕生しました。

DI GIORGIO ディ・ジョルジオ

130

ディ・ジョルジオは「世界で最も美しい通り」と言われるパリのシャンゼリゼ通りの一角のジュエリー工房で、フランスの若手デザイナー、ディ・ジョルジオが始めたアクセサリーブランド。

最大の特徴は多彩なリングの重ね付の組み合わせ。一つ一つはシンプルなリングですが、組み合わせてつけることでまったく違う表情へと変化させていくことができるのがディ・ジョルジオの真骨頂です。

DIOR ディオール

117

1946年、クリスチャン ディオールが自身の名を冠したブランドでパリでのオートクチュールのコレクションでデビュー。


1947年パリコレクションで優美なスタイルの「花冠ライン」を発表。そのシルエットの美しさに驚いた「ハーパース・バザー」の編集長カーメル・スノウが、「これはまさにニュー・ルックね」と言ったことから、そのデザインはニュールックと呼ばれて、世界のモード界に新しい風を吹かせました。

DOLCE&GABBANA ドルチェ&ガッバーナ

124

ドルチェ&ガッバーナのデザインのインスピレーションには「シチリアの強い女」があります。それはセクシーで強い女性像であり、セクシーなデザインに加えて、その軽やかでシンプルなデザインは世界中で多くの支持を得ています。
ブランドが打ち出しているコンセプトは「自由の肯定形。偽りのない表現に、かつてになく都会的な感性が加えられ、型にとらわれずそこから脱却した洗練のスタイル。」

DUNHILL ダンヒル

116

ダンヒルはイギリスのラグジュアリーブランド。スーツから時計、バッグなどのアクセサリーまで幅広く展開しています。

ダンヒルの商品の多くは「モートリティーズ」という言葉が1つのキーワードとなっています。この言葉は自動車(Motoring)と権威(Authorities)を組み合わせた造語で、コンセプトとのような位置づけで、創業当時のブティック名は「モートリティーズ」でした。

DUVETICA デュベティカ

129

「デュベティカ」はイタリアのダウンウェアのブランド。
ブランド名の由来は、フランス語でダウンの意味がある「デュベ(DUVET)」と、イタリア語で倫理・道徳を意味する「エティカ(ETICA)」を組み合わせた造語。

ダウンジャケットで最も重要となるダウン素材は、南仏地方で最高級のフォアグラ用に飼育されている「グレーグース」のダウンから、最も上質な部分だけを使用しています。

EMILIO PUCCI エミリオ・プッチ

107

47年、高校時代オリンピックのスキーチームの選手だったエミリオ・プッチは、自分でデザインしたスキーウェアを雑誌「ハーパース・バザー」に掲載し、人気を博します。以後、同誌から女性用の冬服を依頼され、ニューヨークで売り出されます。
その後も1960年代にはマリリン・モンロー、エリザベス・テーラーによって上品なプリントが受け入れられ、「プリントの王子(Prince of Prints)」の異名を持ち、衣服やカーペット、アポロ15号使節団のロゴ等々まで手がけるようになりました。

EMPORIO ARMANI エンポリオ・アルマーニ

109

81年、ジョルジオ アルマーニから「エンポリオ アルマーニ」をスタート。すぐに人気ラグジュアリーブランドへと成長しました。

トレンド、モダンなデザインをより意識した高品質かつラグジュアリーなウェア(レディ・トゥ・ウェア)及びアクセサリーなどのアイテムを展開しています。

80年代には、映画監督マーティン・スコセッシが手掛けたTVCMなどを打ち出して話題を集めました。

FELISH フェリージ

151

1973年、フェリージは、歴史と芸術の小都市、イタリアのフェラーラで創業しました。

高い技術力と洞察力により、フェリージはファッション・アクセサリー業界で、独自の存在感を持ち始めました。 小さな革工房からスタートしたフェリージは、国内はもとより、海外からも高い評価を得るブランドへと、成長していきました。

FURLA フルラ

150

フルラは、1927年にアルド・フルラネットがアクセサリー関連のレザーを扱った企業を創業したことに由来しています。その後ブランドを立ち上げ、現在でもイタリア特有の家族経営ブランドとして人気を誇っています。
イタリアの皮革職人が、伝統的な技と最高の素材を駆使して作るコレクションが人気で、フェミニンな雰囲気に、エレガンスさと程よいカジュアル感が備わっており、また品質の割りにリーズナブルな価格帯であることが魅力の一つです。

FRANKIE MORELLO フランキーモレロ

149

フランキーモレロはイタリアのファッションブランド。
1999年にマウリッツィオ・モディカとピエルフランチェスコ・ジグリオッティが立ち上げました。

メンズウェアからコレクションをスタート。2004年にウィメンズウェア及びアクセサリーを発表。その後、ビーチウェアや水着を発表。2010年にはアクセサリーラインを立ち上げています。

GHERARDINI ゲラルディーニ

148

ゲラルディーニは1885年にイタリア・フィレンツェでガリバルド・ゲラルディーニによって創業されたハンドバッグブランドです。

香り高い気風と斬新さが息づくゲラルディーニ・コレクションは、製品としてのクオリティの高さはもちろん、その上品さ、優雅さは、当時のヨーロッパ中の女性から羨望のまなざしを受けたといわれています。

GIVENCHY ジバンシー

145

創始者ユベール・ド・ジバンシィは51年、24歳での初コレクションを行いました。
シャツ地で作った開襟、ラッフル袖の「ベッティーナ・ブラウス」は話題を呼び、その斬新なアイデアとシャープな感性が絶賛され、「モードの神童」と呼ばれました。

54年、オードリー・ヘップバーン主演の映画「麗しのサブリナ」の衣装を手がけると、ジバンシィはペップバーンに「ティファニーで朝食を」「おしゃれ泥棒」などでも衣装を提供しました。

GUCCI グッチ

147

グッチはイタリアのラグジュアリーブランド。1921年、フィレンツェにレザーグッズ専門のファクトリーとショップをオープン。

ホースビットなど乗馬の世界からインスパイアされたアイコンを発案し、グッチというファッションハウスと革新を続ける設計美学の永遠のシンボルとなります。フィレンツェで休暇中の海外からの洗練された顧客がグッチの工房を訪れ、乗馬から着想を得た数々のバッグ、トランク、手袋、靴、ベルトを購入しました。

GUESS ゲス

146

ゲスは、1981年にマルシアーノ兄弟により創設されました。

ジーンズブランドとして始まったゲスは、その後グローバル・ライフスタイルブランドとして著しく成長し、ブランド創設30周年を迎えた今日ではウィメンズ、メンズ、キッズのアパレルラインからアクセサリーラインまでのトータルコレクションを展開しています。

HERMES エルメス

144

1900年、後に3代目となるエミール・モーリス・エルメスが、ロシア皇帝ニコライ2世へ馬具と鞄の売り込みに成功し、これを機に世界的な馬車商に発展していきます。

そして20世紀前半、アメリカで車の普及が始まると、自動車時代の到来を予見し、エルメスは徐々に馬具から婦人バッグや財布、革小物の製造・販売へシフトしていきます。
1920年、ハンドバッグ部門をスタート。クージュ・セリエという鞍縫いの製法を活かして作られた革のバッグは、爆発的な人気を呼びました。

HERVE CHAPELIER エルベ・シャプリエ

143

エルベ シャプリエはフランスのバッグブランドで、エルベ シャプリエが、自身の名を関して1976年にブランドをスタートしました。

色使いはカラフルで、トートバッグが人気で、その中でもベーシックでカジュアルなNラインが特に人気があります。シンプルで独特な、舟型(ピラミッドのような形)のデザインに加え、軽さと、耐久性の強さが評価されています。

HUGO BOSS ヒューゴ・ボス

142

ヒューゴ ボスはドイツのラグジュアリーブランド。コアラインのボスそしてモードラインのヒューゴなど、それぞれ顧客に合わせてブランドを展開しています。
1950年代に、男性用のオーダースーツを発表すると、続く60年代には、初の既製スーツを発表。1980年代、フレグランス・アイウェア市場に参入。1990年代 に入ると、時計の生産を開始する他、ゴルフウェアーのコレクションを発表。98年にはウィメンズ、2009年にはキッズウェアーの取扱いも開始しました。

IL BISONTE イルビゾンテ

141

イル ビゾンテは、ワニー・ディ・フィリッポがイタリアのベネチアで創立した、バッグを中心としたブランド。バッグの他に、財布、キーホルダー、キーケース、名刺入れ、手帳、ペンケースなどのアクセサリーを取り扱います。

ベーシックなデザインをベースに、耐久性が非常に強く、使用するごとに、皮が柔らかくなり、色が変わり、味が出てくるバッグが人気です。

デザインが奇抜でもなければ、独特でもないため、人を選びません。

JACK SPADE ジャックスペード

135

ジャック・スペードは、アンディ・スペード(Andy Spade)が1996年にスタートしたアメリカのファッションブランド。

実用的でスタイリッシュなバッグを作ることを目指し、ワックス加工のコットンと丈夫なキャンバス素材を用いたメッセンジャーバッグを作り始めます。そのバッグのデザインは複雑ではなくシンプルで、とても機能的なもので、その素材は耐久性のあるものを使用しています。

JACQUES BRITT ジャックブリット

136

ジャックブリットは、“ファーストクラス・シャツを製造する事”を目的に1969年にゲルト・サイデンステッカーによって設立されました。

ジャック・ブリットシャツは、エキサイティングなパターンや微妙に暗い色合いとモダンなデザイン、高級職人が施す細部のこだわりでビジネスシャツを着こなす男性に独自のストーリーを伝えることができます。

JANSPORT ジャンスポーツ

139

ジャンスポーツはアメリカのアウトドアブランド。主に、デイパックやアウトドアギアバッグを提供しています。

fun(楽しみ)とdiscovery(発見)を具現化したアウトドアギアアイテムを展開し、世界中の人々に自由と冒険に満ちたライフスタイルを提案しています。登山、ハイキング、バックパックなどのアウトドアが原点で、今なお創業時のビジョンを大切にしています。

JIMMY CHOO ジミーチュウ

138

ジミー チュウは、シューズを中心に展開するラグジュアリー・アクセサリー・ブランドです。官能的な感性と遊び心に満ちたアクセサリーを提案しています。
特徴はエレガントかつ歩きやすいといった機能面を重視したもので、奇跡のフィット感と絶賛されています。
人気の靴はパンプス、サンダル、ハイヒールなどで、靴の他には、バッグ、財布などのアクセサリー関連も人気があります。

JUICY COUTURE ジューシークチュール

140

ジューシー クチュールはアメリカのカジュアルブランド。いくらかドレッシーな要素のデザインも含んでいます。

ベロアとテリークロスを使用したトラックスーツ(Tracksuits、ジャージのような服)が人気。
レディース、メンズ、アクセサリー、香水関連、赤ん坊向け、ティーン向け(子ども向け)、犬用のアクセサリーなど幅広く展開しています。

KATE SPADE ケイトスペード

166

ケイト・スペード ニューヨークは、ハンドバッグを中心にアパレルやシューズ、アクセサリーなどを展開するライフスタイルブランド。

元々マドモアゼル誌のアクセサリー担当のエディターとして働いていた創業者のケイトは、そのファッション誌での経験から、女性がどのようなバッグのデザインを求めているか知っていました。
使いやすく、シンプルでおしゃれ、使う場所を選ばないそのデザインは、ケイトスペードを瞬く間に人気バッグブランドへと成長させました。

KIPLING キプリング

165

キプリングはベルギーのバッグブランド。

ブランド名の由来は、イギリスの小説家ラドヤード・キプリングからきたもの。

代表作「ジャングル・ブック」に登場するサル(モンキー)がブランドのシンボルとなっている。全てのバッグにはモンキーチャームが施され、シリーズなどによって、モンキーの色やサイズが異なります。
トレンドも考慮されたデザイン、値段もリーズナブルに抑えられている。

LESPORTSAC レスポートサック

164

レスポートサックは1974年、アメリカ、ニューヨークで誕生したバッグブランド。

 

ポリエステル・ナイロン素材を使用した軽さと、スポーティな感覚、耐久性の高さ、豊富なプリント柄が人気で、価格帯もリーズナブル。
毎月、新柄オリジナルプリントの商品が発表され、その種類は年間で約100種類に及びます。ブランドのラインナップは小さなキーポーチから、大型のボストンバッグまで広く取り揃えています。

LOEWE ロエベ

163

ロエベは、スペインのラグジュアリーブランドです。ブランドとしての設立は1872年。

主に貴族や富豪による革製の宝石箱など小回りの利く箱の製作で評判となり有名になり、後に革製の袋(バッグ)やトランクに進出しました。
スペイン王室御用達で良質な革、Lの文字のモノグラムで有名です。素材(品質)へのこだわりが強く、超高品質な革製品を使用しています。

LONGCHAMP ロンシャン

162

ロンシャンはフランスのバッグ・アクセサリーなど中心に取り扱う高級ブランド。

1948年、フランスにてジャン・キャスグランが「ロンシャン(LONGCHAMP)」を創業。最初はパイプなど喫煙具のメーカーとしてスタートしましたが、その後、バッグ、革小物の製造販売開を始めました。
75年、ハンドバッグのシリーズ「Veau Foulonne」を発表。

LOUIS VUITTON ルイ・ヴィトン

161

ルイ・ヴィトンはフランスのラグジュアリーブランド。
1854年、荷作り用木箱製造兼荷作職人であったルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)が世界最初の旅行鞄のアトリエ「ルイ・ヴィトン」を設立。

1896年、世界で最初に「L」を「V」と花と星を組み合わせたモノグラム柄をアイテムに取り入ました。

MARK BY MARK JACOBS マーク バイ マーク ジェイコブス

160

2001年春夏シーズンにマーク BY マーク ジェイコブスをスタート。2015年、マーク BY マーク ジェイコブスがブランドを終了し、マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)と統合することを発表しました。

マーク BY マーク ジェイコブス(MARC BY MARC JACOBS,マークバイマークジェイコブス)はマーク ジェイコブスのディフュージョンライン。ファーストラインよりカジュアルなデザインとリーズナブルな価格展開が特徴です。

MCM エムシーエム

159

MCMは1976年、ドイツのミュンヘンにて設立されたラグジュアリーブランド。メインではレザーバッグ、スーツケース、アクセサリーを取り扱う他、アパレル、シューズなども展開しています。MCMとは「Mode Creation Munich」の略。現在は、韓国に拠点を設けています。

世界の旅行者に向けて展開したレザーアイテムが人気となり成長。以降、トラベラーに高品質なアイテムを提供しています。

MICHAEL KORS マイケル・コース

158

マイケル・コースは、アメリカのウィメンズブランド。メンズ&ウィメンズ既製服、アクセサリー、シューズ、時計、ジュエリー、アイウェア、フレグランス製品を含む幅広い製品を展開しています。

ミニマルで実用性の高い服、手堅く洗練された服を作ることで好評を博し、「NYのシティ派」デザイナーと呼ばれています。

MIUMIU ミュウミュウ

157

ミュウミュウはプラダの創始者であるマリオ・プラダの孫娘・ミウッチャ・プラダ(Miuccia Prada)が1993年に創立。
以来、ミュウミュウは、強い個性が持ち味のこれまでにない斬新なスタイルを作り出すミウッチャ・プラダのヴィジョン(官能的でモダン、アヴァンギャルド、そして時に刺激的)を表現し続けています。

ミュウミュウのコレクションには非常に強い個性があり、独自のクリエイティブな発展を遂げています。

MONCLER モンクレール

156

モンクレールはレネ・ラミヨンとアンドレ・バンサンが1952年に創業。
ブランド名は「モネステ・ド・クレァモン:Monestier de Clermont」の文字を組み合わせた造語です。

もともとはテントやシェラフ、ウェアといった登山家のための装備を手掛ける企業で、ダウンウェアの原型は工場で働くスタッフの防寒用に作製した手足を出せるシェラフから生まれました。

MONTECORE モンテコーレ

155

モンテコーレはアウターウェアやスポーツウェアを専門にメンズ、ウィメンズ製品の展開をするイタリアのアパレルブ ランドです。

ブランドのシンボルはデザイナーのパオロ・ペローニの愛犬であるブルテリアの横顔がモチーフになっています。まさにデザイナーのインスピレーションと経験、そして愛が詰まったブランドと言えるでしょう。

OROBI ANCO オロビアンコ

154

「オロビアンコ:Orobianco」とはイタリア語で黄金、貴重なるものと言う意味です。

「made in Italy」にこだわり、厳選された上質な革や生地素材、それらの特性を生かしたデザインやアイテムの豊富さ、イタリアの革職人の技術を最大の武器にしたブランドで、時代とリンクしたデザインは今や日本でも絶大な支持を得ています。

PAUL SMITH ポール・スミス

177

メンズウェアのブランドとして始まり、イギリスのテイラードの伝統的なスタイルを継承しつつ、機能性、実用性を重視。色使いはカラフルで派手なプリントを配したものが多く、全体的に優しい印象を与える特徴があります。

ポール・スミス本人はこれを「ひねりのあるクラシック」と定義しており、その手法「ファイロファックス」、「ボクサー・ショーツ」や「8ボタンのポロシャツ」等を世に輩出しました。

RALPH LAUREN ラルフローレン

176

イギリスの伝統的なファッションをアメリカ流にアレンジした、アメリカントラッド、アイビーファッションの中心的なブランド。ラルフローレンが考える、アメリカのより豊かで理想的なライフスタイルを提案します。

ラルフ・ローレンは、通常のデザイナーとは異なり、デザイン、広告、販売店舗のイメージなど、ブランドを管理するプロデューサー的な役割を担い、このスタイルは多くのファッションブランドにも影響を与えました。

SEE BY CHLOÉ シーバイクロエ

174

クロエ(CHLOÉ)のディフュージョンライン「シーバイクロエ(See By Chloé)」。2001年に展開をスタートしました。

クロエのフェミニンなデザイン性を引き継ぎつつ、より若者向けであり、カジュアル、リーズナブルな価格が日本を含め世界中で人気となります。
ファーストラインのクロエ同様、ウェア、ハンドバッグ、シューズ、アクセサリーと幅広く展開しています。

STELLA McCARTNEY ステラマッカートニー

173

1995年、セントマーチンズ卒業コレクションで、モデルのケイト・モスを起用。ポール・マッカートニーの名声もあり、一躍脚光を浴びます。
ケイト・モスらがすぐに着用するようになり、その影響もあり彼女のデザインは人気になり、卒業後、ロンドンで自身のレーベル「ステラ マッカートニー」をスタートします。

セクシーでシャープなテーラリングにフェミニンを融合させたスタイルが特徴です。

TATRAS タトラス

172

ミラノに拠点を置き、イタリア、ポーランド、日本とのコーポレートブランドとしてスタートしたイタリア発のトータルブランド。

デザインチームにおいて、 オリジナルの素材開発にこだわりを持ち、機能的、洗練された、唯一無二という3つの普遍的テーマを生かした造形美を追及しています。
BASIC, ELEGANCE, MILITARY, R LINEといった異なったレーベルを設けることで、それぞれの素材やデザインの特徴を生かしたアイテムを展開しています。

TORY BURCH トリーバーチ

171

トリー バーチは、さまざまな感覚を取り入れたクラシックなアメリカンスポーツウエアを展開するラグジュアリー・ライフスタイル・ブランド。
バッグ、シューズ、ジュエリーなど幅広く展開していますが、日本では特にシューズが人気です。

あらゆる年代の女性のためにスタイリッシュで気軽に着られるブランドを手の届く価格で作り出しています。

YVES SAINT LAURENT イヴサンローラン

170

イヴ・サンローランはフランスのラグジュアリーブランドです。


イヴ・サンローランで特に有名なのが66年のスモーキング=タキシード。
男性用のタキシードをアレンジし、女性用のスーツが生まれました。
70年代にはコサック・ルックやフォークロア調のデザインを発表し、名実共にモードの帝王と呼ばれるようになります。
85年、レジヨン・ドヌール勲章を受勲。93年、デ・ドール賞を受賞。

ZANELLATO ザネラート

169

ザネラートはイタリアのピチェンツアで1976年に創業。

ルーツと伝統を常に尊重するエレガントなスタイルを貫くザネラートのバッグは、高品質なイタリア製ハンドメイド で、モノとしての機能は勿論の事、使い込むほどに愛着が湧き、常に肌身離さず持ちたいと思われるようなバッグです。

ZERO HALLIBURTON ゼロハリバートン

168

ゼロハリバートンはアメリカで創業したスーツケース・ラゲッジブランドです。
1938年、アール・P・ハリバートン・シニアがハリバートン・ケース社を設立しました。

ケース本体にアルミニウムを用い、砂やほこりを防ぐことができ、かつデザインも優れたハリバートンのケースは評判になり現在に至ります。

ZOCALO ソカロ

167

「時空を超えて 」
ZOCALOデザインとは、人類の長い歴史の中で培われた芸術や宗教のモチーフを現代の様式に置き換えたデザインであり、その精神を日常に取り入れることである。

「本能が惹かれるスピリチュアルなデザインワーク」
世界中の芸術や宗教といった文化遺産をモチーフに、コンテンポラリーなセンスと技術を加えたジュエリー。(公式ホームページより)

  • MEDIA
  • CORDINATE
  • Q&A
  • VOICE
  • LINK
ページトップへ戻る